コピーライティングで絶対に越えるべき4つのNOTを解説

 
 
 
どうも山地です。
 
 
今回は、コピーライティングの基礎知識4つのNotについてお伝えしていきたいと思います。
 
 
この「4つのNot」はコピーを書く上で絶対に意識していかいないとダメなものです。
 
これを意識していなければ、売り上げをたてることは不可能です。
 
 
そのぐらい、基礎的な部分かつ重要なポイントです。
 
 
逆にこの「4つのNot」さえ抑えられていれば、売り上げはたちます。
 
 
なので、是非しっかりと頭にいれてください。
 
 
では、さっそく本題に移っていきたいと思います。
 
 

4つの心理障壁

 
 
僕がさっきから言っている「4つのNot」とはなんなのか?と思うかもしれませんね。
 
4つのNot」とは、人間が持つ4つの心理障壁をさしています。
 
 
人間は何か行動をとる時に、心理的に拒むことをします。
 
だから、NOTです。
 
それは様々なポイントでです。
 
 
もちろん、何かを購入する時でもです。
 
 
そして、何かを購入する時に障壁となってくるのが4つのNotなのです。
 
 
その4つが以下のようなポイントです。
 
 
1、Not Open
 
2、Not Read
 
3、Not Believe
 
4、Not Act
 
 
の4つ。
 
 
このようなポイントで人間は行動をやめてしまったりしまいます。
 
なので、このポイントで行動をやめないように、いかにスムーズに最後まで行動を取らせるのかがコピーライティングの役目です。
 
 

4つのNot

 
 
では、4つのNotを一つ一つ見ていきたいと思います。
 
 

1、Not Open

 
まず、1つ目は「Not Open」です。
 
 
Open=開く
 
なので、Notがついて「開かない」ということです。
 
 
そうなんです。
 
多くの人は、開きません。
 
 
僕らは、主にメールマガジンなどで情報を発信しています。
 
そのメルマガをまず開かない、ということです。
 
 
これでは、どれだけ良いコンテンツであっても意味がないですよね。
 
全てが台無しです。
 
 
好きな異性に三日三晩徹夜して書き上げたラブレターを渡したのにも関わらず、ずっと机の引き出しにしまわれている状態と同じですからね。
 
 
全てが台無しどころか、もう悲劇です。
 
 
なので、まず第一としてこの「Not Open」という壁を超えて行かなければならないのです。
 
 

2、Not Read

 
 
2つ目は、「Not Read」です。
 
 
Read=読む
 
 
なので、Notがついて”読まない”ということです。
 
 
多くの人は、せっかく開いたのに今度は読まないんです。
 
 
読んだとしてもほんの少しです。
 
読んだうちに入らない段階で、離脱してしまいます。
 
 
読んでもらえなければ、何も伝えることができません。
 
 
この業界には、どうしても気持ち悪い文章を書く輩が少なからずいます。
 
 
そういった文章を一度読んでもう二度と読みたくないという方もいるでしょう。
 
 
あと、単純に興味がないとかですね。
 
 
これらの壁も乗り越えて行かなければなりません。
 
読まれなければ何も伝えることはできませんからね。
 
 

3、Not Believe

 
3つ目は「Not Believe」です。
 
 
Believe=信じる
 
なので、Notがついて”信じない”ということですね。
 
 
多くの人は、せっかく開いて読んだのに今度は信じないのです。
 
 
書かれている内容を信じてもらえません。
 
信じてもらえなければ、そこから何も進展させることはできません。
 
 
あと、ここでは理解できないといった問題も出てきます。
 
あまりに難しいことが書かれていると理解ができなくなってしまいます。
 
 
僕らは基本まだ稼げていない初心者を目がけてメルマガなどを発行していますが、抽象度をあげて高度な知識を発信しようと思えば発信できるわけです。
 
 
ターゲットが多少高度な知識を発信しても理解できる層であれば、問題ないですがターゲット層とは異なったレベルの知識を発信すると理解できなくなってしまいます。
 
 
すると、どうなるかというと「閉じてしまう」のです。
 
 
離脱です。
 
 
なので、このポイントもしっかりと意識していかなければなりません。
 
 

4、Not Act

 
 
4つ目は「Not Act」です。
 
 
Act=行動
 
 
なので、Notがついて行動しないです。
 
 
多くの人は、せっかく開いて読んで信用したのに最後の最後で行動しないのです。
 
 
最後、お金を払うだけなのに行動しません。
 
 
人間は、何か行動をとる前に決断をします。
 
 
なので、決断できないと捉えても良いでしょう。
 
 
なぜ、行動をとらないのか?
 
 
めんどくさいからです。
 
 
他にも理由があったりもしますが、最も多いのは「めんどくさい」です。
 
 
やはり、最後の最後で決済手順が多かったりすると「めんどくさいなぁ」と思ってしまい、「後でやるか」とかなって結果的に行動をしません。
 
 
経験がある方も多いのではないでしょうか?(ドヤッ!
 
 
僕は、多々あります笑
 
特にネットで服を買うときです笑(共感してくれる方はメールをください笑)
 
 

4つのNotの攻略

 
 
では、どのようにしてこの4つのNotを超えていくのか?ですが、
 
正直、1つずつ超えていくしかないです。
 
 
これだけやっておけば、オールOK!みたいなものはないです。
 
地道に1つずつ超えていくしかないです。
 
 
 

最大障壁はNot Read!?

 
 
この4つのNotの中でも、最難関とされているのが「Not Read」です。
 
 
このNot Readの壁が本当に高いです。
 
 
ぶっちゃけ、Not Readさえ超えられれば、「Not Believe」「Not Act」は割と簡単に超えられます。
 
 
しかも、僕らの情報発信では一度この壁を超えて終わりではないです。
 
一回超えたからといって、次回も必ず超えられるわけではないからです。
 
 
僕らは、ずっと超え続けなければなりません。
 
読み続けてもらわなければなりません。
 
 
Readingです。
 
現在進行形で読まれるという状態に持っていかないとダメです。
 
 
なので、このNot Readという壁を甘く見ず、全力を注いで超えていかなければならないということです。
 
 
現段階では、これだけをとりあえず頭に入れておいてください。
 
詳しいこの4つのNotの超え方は、今度お伝えしていきます。
 
 
また、コピーライティングの他の重要な知識、僕が持つ全ての知識をあなたにお伝えしていきます。
 
 
なので、是非他のコンテンツもご覧になってみてくださいね!
 
 
 
山地直輝
 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す