GDTの法則とは?顧客が持つ9つの欲求を刺激し突き動かすコピーライティング法則

 
 
 
どうも山地です。
 
 
今回は、コピーライティングの基礎知識のGDTの法則についてお伝えしていきたいと思います。
 
 
このGDTの法則はコピーライティングのテクニックの中でもかなり有名なものです。
 
 
コピーの中にGDTを散りばめていくことで、成約率が格段に上がる法則です。
 
文章を書くのであれば、絶対に知っておきたい知識の1つです。
 
 
なので、今回で是非理解してみてくださいね。
 
 

GDTの法則とは

 
 
まず、この『GDT』ですが、これには特に意味がありません。
 
というのも、QUEST FORMULA(↓)やPASONAの法則(↓↓)と同じくポイントとなる英単語の頭文字をとっただけです。
 
 
 
GDTの法則」は、人間の9個の欲を類型化したものです。
 
この9個の欲をコピーで刺激していくのです。
 
 
Gに3つ、Dに3つ、Tに3つと9個あります。
 
 
それぞれ、英単語の頭文字をとったと言ったのですが、その3つの英単語がこれです。
 

The Three Greatest Human Goals (3大目標)

The Three Greatest Human Desires(3大願望)

The Three Greatest Human Teasers(3大本性)

 
GoalsDesiresTeasersの頭文字でGDTです。
 
 
それぞれ、3つずつあるので、3×3=9個の要素から構成されています。
 
では、一つずつみていきたいと思います。
 
 

Goals

 
 
まずは、「G」のGoalsですね。
 
Goals=目標
 
という意味を持っています。
 
 
ここでは、
 
クライアントや見込み客のニーズに答えていく
 
というものです。
 
 
Gを構成する要素は3つで以下の通りです。
 
 

Time(時間)

 
まず、一つ目は「Time」です。
 
Time=時間
 
という意味です。
 
 
これは、人間は誰しも、時間をかけたくないと思っているというものです。
 
 

Money(お金)

 
2つ目は、「Money」です。
 
Money=時間
 
という意味です。
 
 
これは、人間は誰しもお金を使いたくない、または節約したいと思っているというものです。
 
 

Effort(努力)

 
3つ目は、「Effort」です。
 
Effort=努力
 
という意味です。
 
 
これは、人間は誰しも努力をしたくないと思っているというものです。
 
 
これが「G」の「Goals」です。
 
こんな感じでサクサクいきます!
 
 

Desires(願望)

 
次は、「D」の「Desires」です。
 
Desires=願望
 
という意味を持っています。
 
 
ここでは、
 
クライアントや見込み客の動機に答える
 
というものです。
 
 
Dを構成する要素は、以下の3つです。
 
 

Greed(貪欲)

 
まず、1つ目は「Greed」です。
 
Greed=貪欲
 
という意味です。
 
 
これは、人は誰しも富、名声、権力が欲しいと思っているというものです。
 
 

Lust(好色)

 
2つ目は、「Lust」です。
 
Lust=好色
 
という意味をです。
 
 
これは、人は誰しもモテたい、美しくありたいと思っているというものです。
 
 
また、性欲とかもここに含まれます。
 
 

Confort(快適)

 
3つ目は、「Confort」です。
 
Confort=快適
 
という意味です。
 
 
これは、人は誰しも苦痛から逃れたい、快適な空間に居たいと思っているというものです。
 
 
以上が「D」です。
 
 

Teasers(本性)

 
3つ目は「Teasers」です。
 
Teasers=本性
 
という意味です。
 
 
ここでは、
 
クライアントや見込み客の本性に答える
 
というものです。
 
 
Tを構成する要素は以下の3つです。
 
 
Curiousty(興味)
 
まず、1つ目は 「Curiousty」です。
 
Curiousty=興味
 
という意味です。
 
 
これは、人間は誰しも何かを知りたい、好奇心を持っているというものです。
 
 

Controversy(物議)

 
2つ目は、「Controversy」です。
 
Controversy=物議
 
という意味です。
 
 
これは、常識を壊すというものです。
 
これまでの欲とちょっと変わってくるので、少し解説します。
 
 
人は誰しも、常識を持っていてその常識の中で生きています。
 
一般常識ではなく、自分オリジナルの常識です。
 
 
その常識を覆すようなことを提示して、常識を壊すというものです。
 
 
例えば、「高校2年生が月収70万を達成!」と言われたら、猛烈に気になりますよね?
 
こういったことを提示していくというものです。
 
 
ちなみ、高校生で月収70万とかネットビジネスの世界では普通にいます。
 
 

Scarcity(希少)

 
3つ目は、「Scarcity」です。
 
Scarcity=希少
 
という意味です。
 
 
これは、人は何かを囲い込みたいと思っているというものです。
 
これも少し解説を加えます。
 
 
例えば、とある人気シリーズものの商品があったとして、そのシリーズの最新作が発売されます。
 
ですが、それは「先着10名様限定」だったとしたら、そのシリーズのファンやマニアの方は、値段が多少高くても、何時間も前から店頭に並び、購入しようとする行動を取りますよね。
 
 
これが、囲い込みたいというものです。
 
 
以上がTを構成する3つの要素です。
 
 

まとめ

 
以上の9個がGDTを構成する要素です。
 
このGDTがあえて、分けられているの理由があります。
 
 
それは、刺激の強弱です。
 
以下のような順になっています。
 
 
 
G=弱
D=中
T=強
 
 
 
このように、Gから順に強くなっていきます。
 
 
なら、Tだけ入れておけば良いのでは?
 
と思うかもしれませんが、Tは確かに強力ですが、使える場面が限られています。
 
 
なので、場面に分けてGDTそれぞれを使い分けていくべきです。
 
 
また、これら9個の要素を全て入れなければならないわけではないです。
 
9個の内、7個でも5個でも良いです。
 
 
もちろん、できるだけ入れた方が良いですが、無理に入れる必要はないです。
 
ここも臨機応変にです。
 
 
これらは、メルマガやブログにも応用可能です。
 
なので、是非、取り入れてみてくださいね。
 
 
山地直輝
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す