【悪用厳禁】誰でも簡単にできる自己催眠!勝手に成功していくマインド!

 
どうも山地です。
 
今回は、【悪用厳禁】誰でも簡単にできる自己催眠!勝手に成功へ導く方法!ということでお伝えしていきたいと思います。
 
 
催眠術を使って、成功者マインドになって成功へ導くというちょっと変わったというか、スピリチュアル的というか、いつもとは違う切り口のお話です。
 
 
スピリチュアル系というだけで懸念する人がいますが、気持ちはよくわかりますけどあまり否定的にならずに一度試してみたりすると意外と効果あったりします。
 
 
結果はマインドから生まれますし、マインド=スピリチュアル的な部分がありますのでね。
 
なので、今回も気になったら試してみて欲しいですね。
 
別にこれをしないと成功しないとかではないので、やってみたいと思ったらで大丈夫です(^ ^)
 
 
では、本題へ移っていきましょう。
 
 

注意点

 
 
っと、本題に入る前にとても大事なことを忘れていたぜ!(洋画風笑)
 
この自己催眠をやるにあたっていくつかの注意点があります。
 
 
以下を守れる人のみ読み進めてください。
 
 

1、悪用厳禁

 
本当に効果ある方法ですし、そこらの記事などと違って抽象的には書きません。
 
具体的なやり方をお伝えします。
 
 
今回の方法は悪用の仕方があるのかどうかは微妙ですが、悪用は絶対にダメです。
 
 

2、自己責任

 
実践する際は、当たり前ですが、自己責任でお願いします。
 
何かあっても僕は責任とれません。
 
 
といっても、危ない事をやるわけではないです。
 
ですが、一応念のためです。
 
 

3、目的はビジネスで成功するため

 
目的はあくまでビジネスで成功するためです。
 
これをお忘れなく。
 
なので、全てビジネス前提での解説になっています。
 
 

4、興味本位で

 
今回の方法、別にやらなくても全然OKです。
 
先ほども言いましたが、やらないと成功できないとかはないです。
 
 
むしろ
 
へ〜そんなのもあるんだね〜」ぐらいの感覚で読んでください。
 
 
普通に内容として面白いと思いますので。
 
 
以上、4つの注意点が守れる方のみ、読み進めてください。
 
では、本題です。
 
 

自己催眠

 
まず、最初に今回の方法は「自己催眠」という、催眠術の一種を使います。
 
自己催眠とは、自分で自分に催眠をかけるというものです。
 
 
そんなものできるのか?
 
と思うかもしれませんが、意外と無意識にやってたりします。
 
 
よくスポーツ選手が勝敗を分ける場面とかで、「あの時はどう思ってたんですか?」とか聞かれて「あの時は、極限に追い詰められたけど、やるしかない!と思って自分ならできると奮い立たせてましね」的なこと言ってたりしますが、あれも一種の自己催眠です。
 
 
で、催眠術なんですが、催眠術には基本的な流れみたいなものがあります。
 
それは、
 
破壊→再構築
 
という流れで行うということです。
 
 
ほとんどの催眠術がこの流れで行われています。
 
やり方はそれぞれ違うんですけどね。
 
 
 
すでにあるもの、例えば、「酸素を吸える自分」というものを一度壊して新たなものを構築「酸素を吸えない自分」にしたりします。
 
 
イメージ的には、家のリフォームですね。
 
すでにあるものを壊して、全く別のものに作り変える。
 
 
これが催眠術です。
 
ちなみにテレビでやっていたりするものは基本的にインチキです。
 
例えかかっても、すぐに解けたりします。
 
 
かかっているように見えるのは、周りが大人だから」とメンタリストのDaiGoさんが言ってました笑
 
ちなみに彼のYouTubeとかニコニコの会員入会すごくオススメです。
 
僕は月540円の彼のニコニコ会員に入会しました笑
 
 
よく生放送しているのですが、めちゃくちゃ勉強になります。
 
あと何よりテレビと全然イメージ変わるし、ガチで天才です。
 
 
ビジネスでもDaiGoさんは、かなりの成功者なのでビジネス面でも参考になりますよ。
 
特に成功者マインドとかね。
 
 

やり方

 
ちょっとずれてしまいましたが、早速やり方をお伝えします。
 
まず、用意するものは1つ。
 
 
」です。
 
できれば半身映るくらいがオススメ。
 
 
やり方としては、以下の3つのステップを踏みます。
 
 
1、鏡で自分の顔を見つめる
 
2、ゲシュタルト崩壊が始まるまで見つめる
 
3、なりたい自分を過去形で唱える
 
 
以上です。
 
 
先ほども、言いましたが催眠術の流れは「破壊→再構築」です。
 
この場合はゲシュタルト崩壊が破壊にあたります。
 
 
ゲシュタルト崩壊とは、すでに脳内にある思考回路の塊が崩壊することです。
 
例えば、学生の頃に漢字ドリルとかで同じ漢字ばかり書いていると、書き順がわからなくなったり、あれ、こんな漢字だっけ?とかここに点いるっけ?みたいに正解がわからなくなることなかったですか?
 
これがゲシュタルト崩壊です。
 
 
これが鏡をずっと見ていると自分の顔にも起こります。
 
あれ、こんな眉毛の形してたっけ?みたいな感じで、自分の顔に見えなくなってきます。
 
 
そうなったら、次の段階の再構築です。
 
 
なりたい自分を過去形で唱える
 
 
例えば、月収100万円になりたければ「私は月収100万円だ」と唱えます。
 
これは声に出した方が良いです。
 
環境的に出せるのであれば大きい声の方が良いです。
 
 
声を出せないのであれば、頭の中でとなえるだけでもOKです。
 
 
過去形にする理由としては、今現在が月収30万円だった場合、「月収100万円になる」と言ってしまうと、脳は月収30万円な事を知っているので、「じゃあ、今は月収30万円なんだね!」という風になって「月収30万円の自分」で催眠がかかってしまいます。
 
 
つまり、この方法てコンフォートゾーンの話なわけです。
 
コンフォートゾーンについて詳しくはコチラ(↓)
 
 
 
それが、月収30万円と認識されてしまうと月収100万円になることは不可能なのです。
 
なので、月収30万円がおかしいと認識させるためにも過去形でいう必要があります。
 
 
これを1日5分くらい、朝起きて顔を洗ったあととかにやります。
 
 
これで脳が認識すれば勝手に成功していきます。
 
 

まとめ

 
 
以上が、誰でも簡単にできる自己催眠の方法です。
 
 
何度も言いますが、別にやらなくてもOKです。
 
現にやってなくて努力で成功している人も山ほどいます。
 
 
努力して年収1000万、3000万、5000万となっていくことも全然可能です。
 
 
ただ、この方法も中々効果があるので試してみたい方は是非どうぞ!
 
でも、試す際は自己責任でお願いしますね!
 
山地直輝
 
 
 
 
 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す