価値を与える側になる!ビジネスの本質を捉えた価値提供の真実!

 
 
 
どうも山地です。
 
 
今回は、価値を与える側になる!ということについてお伝えしていきたいと思います。
 
 
これは、お金を稼ぐためにものすごく重要な考え方です。
 
正直、センスの良い人はこの話を知っただけで実績を出せると思います。
 
 
そのぐらい重要な考え方です。
 
あと、ノウハウコレクターの方にもかなりおすすめです。
 
 
なので、是非最後まで読んでみてくださいね!
 
 

ビジネスは価値と価値の交換?

 
 
よく、「ビジネスは価値と価値の交換」と言われています。
 
これは、半分正解で半分間違いだと僕は思っています。
 
 
というのも、
 
お金を稼ぐということは価値を与えること
 
だからです。
 
 
 
何かしらの価値を与えて、その対価としてお金をいただく。
 
これがビジネスだからです。
 
 
なので、価値を”先に”与えるというのが正解なんです。
 
結果から見れば、価値と価値の交換なのですが、ミクロ的に見れば”先に”価値を与えるというのが正しいです。
 
 
なので、価値を与えられなければお金を稼ぐことはできないんですね。
 
価値を持っているだけでも、意味がないのです。
 
 
価値を与えられる側になってお金を稼げるようになるのです。
 
 
というと、
 
自分には与えられる価値なんてないよ
 
と思う方がいます。
 
 
ですが、そんなことは絶対にないです!
 
 
絶対に、誰にでも与えられる価値はあります。
 
 
それは、例え、1円も稼げていないノウハウコレクターでもです。
 
 

1円も稼げていないノウハウコレクターの価値提供方法

 
 
1円も稼げていないノウハウコレクターでも、価値を与えることはできます。
 
 
例えば、自分には何をやっても1円も稼げなかったという経験があります。
 
その経験を元に、この教材は「〇〇で△手法で実践したけど、●●が原因で稼げなかった」など持っている教材を全てレビューするブログを作って情報発信をします。(この際、アフィリエイトは意識しません。正直な感想を述べます。)
 
 
すると、その教材を買おうか迷っている人とかが集まってきます。
 
そういったセールスをしない正直な感想レビューは、稼げていない人からすればものすごく参考になるはずです。
 
 
そこから、メルマガリストをとっていきます。
 
 
そして、本当に良い教材に特典として、一緒に実践していく稼げない人のコミュニティ参加券をつけてアフィリエイトします。
 
すると、こういったものに入りたい人って絶対いるはずです。
 
 
集めた人たちと、仲良くなっていればいるほど成約率は高まります。
 
 
集める人数とかは、数百人とか1000人とか集めなくて良いので、10人とかでも良いです。
 
で、実際に参加する人が10人中3人とかでも全然良いのです。
 
 
もし、アフィリエイト報酬が2万円だった場合、それで6万円の報酬が発生したことになります。
 
 
もう、これだけで実績が作れます。
 
 
その実績を元にさらに情報発信していけば雪だるま式に稼ぐことができます。
 
 
それに、この経験も「サイトアフィリ、PPC、ツイッター、YouTube何をやっても1円も稼げなかったノウハウコレクターがたった1日で6万円を稼ぎ出した方法」といった感じで、無料レポートや教材の特典として出したりしていくこともできます。
 
 
このように誰でも価値を生み出していくことは可能なのです。
 
 
人生、経験はみんな違います。
 
 
なので、それぞれ誰でもその経験を元に価値を提供することはできるのです。
 
全ては考え方次第、やり方次第なのです。
 
 
ノウハウコレクターという経験があったからこそ、発信できるものって絶対にあります。
 
また、ネットビジネスの経験とかでなくても、TOEICで高得点を出したことがあるとかでも全然応用可能です。
 
 
むしろ、ネットビジネスでない方が効果あったりします。
 
 
恋愛でモテた経験とかでも全然アリです。
 
 
本当に今は、ネットのテクノロジーが進化して誰でも情報を発信できて、コミュニティを作ったりも容易にできます。
 
全ては、考え方次第、やり方次第です。
 
 
自分が誰かの役に立つには、価値を提供するにはどうすべきか?
 
を考えていくことです。
 
 
自分が経験したレベルが低いと思っていても、悩んでいる人はたくさんいます。
 
 
例えば、テニスで県大会に出場したレベルでも、テニスを始めたばかりの人からすれば雲の上の存在です。
 
 
このように、他人からすればすごいこともあります。
 
この辺の判断は、Yahoo!知恵袋を見ると良いです。
 
 
Yahoo!知恵袋で悩んでいる人がいれば、需要はありますね。
 
 

まとめ

 
ここまで、誰でも価値を与えることができるということについてお伝えしてきました。
 
 
実はこれめちゃくちゃ有料級です!
 
というか、僕が有料で学んだものを自分なりに噛み砕いて再構築したものを出しました。
 
 
僕は、無料、有料にあまり差を付けないようにしています。
 
無料で出すか、有料で出すかは気分です笑
 
 
なので、是非価値提供というのを意識してもらいたいです。
 
 
きっと、センスの良い方は上記の方法を実践して、成果を出すことができると思います。
 
 
ではでは。
 
 
山地直輝
 
 
 
 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す