そもそもマインドセットって?初心者にも分かりやすく丁寧に解説

どうも、山地です。

「そもそもマインドセットって何?」
「マインドセット自体を分かりやすく知りたい」
「どういうマインドセットを持てば良いの?」

と思ったことはありませんか?

そこで以前はロクなマインドを持っていなかった僕が、完全クローズドなビジネスで毎年億を稼ぎ、趣味はお菓子作りと筋トレという変態男から学んだ「マインドセットそのもの」について解説していきたいと思います。

 

この記事を書くにあたって、僕は「マインドセット」とGoogleで検索して1ページ目全ての記事を見たのですが、

「いや、マインドセットって結局何なの?そこを説明して!」
「重要なのは分かったけど、具体的に何をどうすれば良いの?」

という感じがして、とにかくマインドセットの重要性をゴリ押ししているだけで、抽象的、もしくは学術的すぎて全然分からなかったです。

 

なので、この記事では、マインドセットの定義を明確にし、どのように活用していくかの全てを分かりやすくお話ししますので、是非最後までスクロールしてお読みください。

そもそもマインドセットって

「マインドセット」という言葉は一応、以下のように定義されています。

マインドセットとは、考え方の基本的な枠組みのこと。組織に対してだけでなく、個人に対しても用いられる。 組織においては、マインドセットは企業の意思決定のうえで重要な役割を担う。それは現在の事業内容や経営理念、過去の経験等から構成され、今後の達成目標や対象とする相手、利用できる手段等を定める際の指針となる。 また個人においては、マインドセットは職務に必要な知識や技能を明確に意味づけるのに役立つ。同じ知識や技能を学ぶにしても、その意味や目的を意識するのとしないのとでは、結果に大きな違いが出ることがある。

ーー引用:コトバンク

と、文章がカッコつけすぎてよく分からないのですが、簡単にまとめると「その人の持つ価値観」ということです。

 

しかし、僕は違うと思っています。僕はマインドセットは、「その人の最も深い部分に存在するもの」だと考えています。

表面上にはでなくて、人の最も深い部分とは、「無意識」です。日常生活で意識していない事です。

そして、さらにこの「無意識」はどこから形成されるか?というと、「生き方」です。その人の生き方、個性から無意識が形成され、表面上の行動や発言、態度になっているという事です。

 

例えば、人間って何の問題もなければ、普通に歩く事できますよね。これとマインドセットも同じなんです。そのぐらい普段、無意識にやっている事、持っている価値観などが生き方です。

つまり、「マインドセットとは、生き方であり、それを言語化したもの」なのです。

マインドセットは生き方

マインドセットは生き方なのですが、その生き方をどうすれば認識できるのか?って疑問に思いますよね。

人は口でいくらでも嘘をつけます。が、行動では嘘をつけません。特に何気ない行動です。

この「何気ない行動」というのが、「習慣」です。

 

僕ら、人間は99%を習慣で生きています。昨日新しいこと何した?」と考えてみるとよ~く分かります。もう、これはいろんな脳科学の研究で証明されています。

つまり、生き方=習慣の総体なわけです。

 

例えば、ヨーロッパではその人の持ち物でその人を判断するというような慣習があります。これは持ち物がブランド品か?高価か?とかではなく、その人が物をどう扱っているか?というのを見るということ。

ヨーロッパはずっと長い間戦争が絶えなかったので、その中でまともな人とヤバイ人を見抜かなければならなかったんですね。その為の知恵の1つで「持ち物の扱いがヤバイ人は人の扱いもヤバイに違いない」というもの。

要するに、マインドセットから習慣が作られて、その習慣が生き方になるということです。

何気ない行動でに生き方は出る

 

で、僕らは習慣に生きる生き物なので、自動的新しいことをしたりとかしない仕組みになっているわけなんですが、ビジネスで成功するには今とは違う新しい習慣を取り入れなければ成功することは不可能です。

最近、運動科学で当たり前となってきているのが、「新しいことを習得するのは、体で体感することから覚えていく。逆に今できないことは何回練習してもできない。」というのがあります。

つまり、人間一度体験していないことは、何をどうしようと一生できないということ。例えば、子供が鉄棒で逆上がりを覚えるには見様見真似でなく、一度近くの大人がサポートして一回感覚を掴ませてあげることからしないと一生できないのです。

 

マインドセットも同じで、今存在しない生き方を取り入れるには、まずそれをやってみる必要があるのです。「なるほど、大事なんだ~意識しておこう」で終わるバカが多すぎるということです。

一度、体で体験する事を「自分の再教育」と言ったりします。

DRM「教育が大事~!」とか言われていますけど、そもそも自分の教育もまともにできない奴が他人の教育なんてできるわけがないのです。だから、稼げないのは当たり前。

 

マインドセットは、ただただ、スローガンみたいに意識するだけじゃなく、新しいことを体験して実践ありきで、正しいマインドセットを自分に再教育していくものだと考えてください。

正しいマインドセット

ここまでで大体マインドセットについての理解が深まったと思うので、ここからは成功するためにはどんなマインドセットを持っていくべきなのか?について話していきます。

まず、「成功」の定義なのですが、これは人それぞれあると思います。ですが、ほぼ全員「幸福」になるために成功したいと思っていることは間違い無いと思います。なので、「幸福=成功」と定義した上で話を進めたいと思います。

一応、「心理学」では「幸福」は、マーティン・セリグマンという心理学者によって定義されています。

 

「快楽×意味×没頭=幸福」

という定義なのですが、大事なのはかけ算であることです。つまり、どこかの項が0になれば幸福も必然的に0になるということ。

逆に全ての項が上がるようなマインドセットであれば幸福にはなるので、間違ってはいないマインドセットにはなるはずです。

何度も言いますがマインドセットは、とりあえず良さそなものを取り入れば良いわけではなく、上記の式のように具体的に考えられたマインドセットを取り入れて、習慣化していかないと意味がないのです。

 

正しいマインドセットを再教育して、その上でビジネスをやらないと上手くはいきません。

なぜ、僕がこんなに面倒くさい話をするかというと、失敗しないためです。

ここまでの話を理解しておかないと、誰かにマインドセットを教えてもらわないと自分でマインドセットを設定できない人になるからです。

 

でも、世の中のマインドセットは「誰かのマインドセットを話す」ことばかりなのです。

それだとマネをするしかないし、失敗した時に何が原因か分からないし、そもそも失敗すら気づかないということになりかねないんですよ。

だから、そこらの記事のように「マインドセットを適当に定義して、ただオススメのマインドセットを紹介する」ことはしたくなかったのです。

 

ちょっと話がズレましたが、幸福の定義に沿って具体的にどのようなマインドセットを取り入れれば幸福度が上がっていくのか?が気になっていると思います。

なので、実際に幸福の定義に沿って僕が取り入れているマインドセットをいくつか紹介したいと思います。

取り入れるべきマインドセット

最初に言っておきますが、細かいマインドセットを挙げだしたらキリがないです。イメージ的には成功者の名言全てというくらいです。

なので、最低限これだけ押さえておけば問題ないかつ僕が取り入れているマインドセットを紹介したいと思います。

  • 死ぬまでやらないことは最初からしない

これは僕が持っているマインドセットの中でもかなり重要視しているもので、「死ぬまで継続しないことは、最初からやらない」ということです。

具体例を出すなら、「惰性でYouTubeを見る」と言う習慣があった時に、その行動をこの先の人生で何十年と繰り返したらどういう結果が出るか?を考えて、それでもやりたいか?やりたくないか?で判断します。

で、やりたくないなら、今すぐやめる。というものですね。このマインドは結構何にでも応用できるし、ビジネスの参入するジャンルとかでも使えます。

 

  • コントロールできることにフォーカスして、コントロールできないことは余力で

人間みんな得意不得意、できることできないことがあります。だから、できないことに対して、うじうじするんじゃなく、今できることに全力でフォーカスをするということ。

真面目な人ほど、できないことを悔やんで頑張ろうとします。でも、できないことは悪いことではないし、できないんだから諦める。で、できることだけにフォーカスして前に進むのです。

 

  • 全ては自分のせい

例え、サッカーの試合で負けたとしても、全て自分のせいと思い込むことです。チームメイトが「いや、お前のせいじゃないよ!」と言ってきても、真顔で「は?俺のせいだけど」と言い返すぐらい。

そのぐらいの自己中を貫く、メンタルタフネスと勇気を持つことです。大半の人は自己中が中途半端だから、何もかも中途半端なんです。

これは完全100%自己中心的になるということ。そのぐらい自信を持っていれば、カリスマ性が生まれてきます。

 

  • 居心地の悪いところにしか進化はない

これは結構、僕も大好きなマインドセットですね。言葉の通り「居心地の悪いところに行かないと進化しないよ」というものです。

以前、僕は某トップアフィリエイターのコンサルを受けようかめちゃくちゃ迷っていました。正直いうと気持ち的には不安で今まで通り独学で気兼ねなくやりたいと感じていました。でも、コンサルを受ければ確実に上手くいく予感はしていました。

そういう葛藤があったからこそ、僕はコンサルを受けることを即決しました。そして、コンサルを受けて僕自身かなり進化ししたという経験があります。

 

以前の僕のようにメンタル面の抵抗を感じた時に、楽な方に行くのか?居心地は悪い方へ行くのか?という選択で、迷わず居心地の悪い方を選択するということです。

その瞬間はシンドイかも知れませんが、僕の経験上100%後悔する事はないので、是非取り入れて欲しいです。人生を左右するマインドセットだと思っています。

マインドセットを活用してビジネスで上手くいくための方法

まだ、他にも幸福の定義の3つの項を上げるようなマインドセットはたくさんあります。細かく言い始めたらキリがないです。

でも、その細かいマインドセット達も重要なのは確かです。なので、上記4つのマインドセットが習慣になれば、どんどん良いと思うマインドセットを取り入れていってください。

マインドセットを取り入れてビジネスで上手くいこうと思うなら以下のようなプロセスを辿ってみてください。

Step1.この記事を読んでマインドセットを理解する

Step2.「快楽×意味×没頭=幸福」に沿って、各項を上げるようなマインドセットを取り入れる
この際には、上記のマインドセット集を参考にする。

Step3.マインドセットを日常で意識し、実践してみる(自分の再教育)

Step4.反復して、マインドセットを習慣化していく

 

まとめ

最後にこの記事の重要ポイントをまとめていきたいと思います。

  • マインドセットは生き方であり、それを言語化したもの
  • 生き方とは、習慣の総体
  • マインドセットは意識するだけじゃなく、一度体験して習慣にする
  • 正しいマインドセットを自分の再教育をする
  • 幸福の定義「快楽×意味×没頭=幸福」
  • 幸福の定義の3つの項を上げるためのマインドセット
    1.死ぬまでやらないことは最初からしない
    2.コントロールできることにフォーカスして、コントロールできないことは余力で
    3.全ては自分のせい
    4.居心地の悪いところにしか進化はない
  • 正しいマインドセットを自分に再教育してビジネスで上手くいくためのプロセス
    Step1.この記事を読んでマインドセットを理解する
    Step2.「快楽×意味×没頭=幸福」に沿って、3つの項を上げるようなマインドセットを取り入れる
    Step3.そのマインドセットを日常で意識して、実践してみる(自分の再教育)
    Step4.反復してマインドセットを習慣化していく

ここまでマインドセットについて解説してきましたが、とにかく大事なのは実践するということです。

ノウハウもそうですが、実践しないと話になりません。なぜなら、人間は自動的に新しいことを実践するようにはできていないから、意識的に実践して一度体に覚えさせないと、スタート地点にすら立てないわけですから。

だから、とにかく実践する。これも1つのマインドセットですね。

では、この記事のことでも何でも質問や感想等ありましたら、コチラからお問い合わせください。必ず24時間以内に確認させていただきます。

では、ありがとうございました!

山地

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

年収1000万以上稼ぐアフィリエイターの99%がひた隠しにしている、不特定多数が閲覧する”ブログでは絶対書けない裏話”をメルマガでは話しています。

 

また、メルマガ限定の有料級セミナー、その他特典も無料でプレゼントしています。

是非、セミナーだけでも見ていってください。


2 件のコメント

  • とても分かりやすかったです!
    単なるパート主婦ですが、自分の行動に置き換えて考えてみたいと思います!
    ありがとうございました(*´▽`)ノ ハーイ♪

    • コメントありがとうございます!
      ビジネスをやっていなくとも誰でも実用できると思いますので、是非!!

  • コメントを残す