こんにちは、山地です。

大ヒットYouTube商材「YTM∞」の待望の続編、「YTM Final Edition」(バナナデスク)がついにリリースされました。

前作となる「YTM∞」は累計5000本以上販売れ、おそらく日本一売れているYouTube商材です。僕自身も「YTM∞」には、かなりお世話になって「YTM∞」のおかげでYouTubeで月50万〜90万を稼ぐことができました。

YTM∞

証拠画像

が、しかし、2017年末〜2018年にかけてYouTubeのアルゴリズム変化、規約の変更等の大幅アップデートが入り、今現在は「YTM∞」のノウハウがほぼ通用しなくなってしまいました。

実際僕の運営するチャンネルもチャンネル収益化基準を突破しているにも関わらず、1年以上審査が通らない状態になっています。

山地の運営する登録者3000人超えのチャンネル

そんな新しいYouTubeに対応するべく、今回発売されたのが「YTM Final Edition」です。今は通用しなくなった「YTM∞」のノウハウとは違い、「オリジナル動画」をメインとしたノウハウです。(この後解説していきます。)

そして、間違いなく今後のYouTubeは「YTM Final Edition」のノウハウが主流となっていくと僕は思っています。

その理由と「YTM Final Edition」の特典付きレビューを1つ1つ確認していきたいと思います。

「YTM Final Edition」のノウハウが主流となる理由

まず、これから「YouTubeで稼ぎたい」と考える人に理解しておいて欲しいのが、これまで「YTM∞」含め様々な教材で解説され、YouTubeアフィリエイトで稼ぐ方法として主流だった「テキスト動画は確実に通用しなくなる」ということです。(というか、すでになっています。)

テキスト動画とは、以下の図のように「画像+テキスト」で構成された動画です。再生するとテキストがスクロールしていきます。また、プラスしてBGMやAIの読み上げが付いていたりする動画全般のことを指します。

これまでのYouTube(2018年まで)は、この「テキスト動画」でも収益を上げることができ、月に数十万〜数百万円を稼ぐ人はたくさんいました。

ですが、はっきり言ってテキスト動画は何の価値提供もできていません。中には、著作権を違反した画像を使ったり、ニュースサイトやブログからコピペしただけの文章を流したりしている動画すらもあります。

YouTubeから言わせると、害悪でしかないわけです。なぜなら、YouTubeの収益は広告主(企業)の広告費がメインで、広告主(企業)から嫌われてしまうことはできるだけ避けたいのです。

 

一方、広告主(企業)はできるだけクリーンな動画に広告を出したいと思っています。イメージの悪い動画に広告を出すと企業や商品のイメージも悪くなるから。テレビCMでもタレントが不倫などしたら降ろされるのと同じです。

つまり、YouTubeからすればテキスト動画は価値もなく、イメージの悪い動画があっても何のメリットもないということ。

そういった裏があり、下記の記事でもお話ししていますが2018年2月にYouTubeの収益化審査の基準が変更されました。さらにイメージ悪い動画ばかり投稿しているチャンネルも厳しく取り締まるようになったわけです。(チャンネル登録者200万人超えのYouTuberラファエルさんのチャンネルBANは有名ですよね。)

【2018年】YouTubeの収益化の審査基準について

2018.04.18

YouTube直近の歴史

 

じゃあ、YouTubeは稼ぎにくくなったのか?」というと、実は”全く逆”なのです。むしろ、まともにクリーンな動画を投稿しているチャンネルは優遇されるような状態になっているのが現状です。

それに「テキスト動画」で稼いでいた人達は「YouTubeは稼ぎにくくなった」と思い撤退していく人が増えて、ライバルは激減しています。

逆に今、かなりチャンスなのがYouTubeだったりするわけです。ライバルが減っているにも関わらず、YouTubeの市場は拡大の一方ですからね。

 

じゃあ、YouTubeに優遇されるクリーンな動画って何?」ということになるわけですが、それが「YTM Final Edition」でメインに解説されている「オリジナル動画」というものです。

「オリジナル動画」って?

「オリジナル動画」とは、テキスト動画とは違い、全てを自分で作り上げる動画です。YouTuberの動画とイメージしてもらえると分かりやすいかと思います。参考例としては、下のような動画です。

(この動画はお菓子作りの動画、ちなみに再生回数は3000万回以上!!!)

 

「オリジナル動画」のメリットは、「長期的かつ安定的にYouTubeで稼げる」ことです。理由は、オリジナル動画こそが広告主(企業)が広告を出したいと思う動画であり=YouTubeからも優遇されるからです。

「オリジナル動画」のデメリットは、テキスト動画に比べて、ハードルが高いことですね。テキスト動画はやり方さえ覚えれば誰でも作れたのですが、オリジナル動画は撮影したりなどオリジナルな要素を加えないといけないので、多少の手間がかかったりすることです。

でも、これは「お金を稼ぐ」ということを考えた時に当たり前のことだと僕は思います。”手間やスキル”を駆使して何かを提供するからこそ価値が生まれて、その対価としてお金が貰えるのです。

 

例えば、スーパーのレジ打ちと医者の時給が違うのは、「誰でもできるかどうか」の違いですよね。誰でもできないことだからこそ、価値が提供できてお金が対価として貰えるのです。これはビジネスの基本ルールですからね。

楽してお金が欲しいのであれば、ネットビジネスなんか今すぐやめて、宝くじ買った方がよっぽど良いと僕は思います。ビジネスでお金を稼ぐには、ちゃんと勉強してある程度の苦労しない限り絶対稼げないからです。

一度、働いたことのある人間なら分かると思いますが、本当にお金を稼ぐのは大変です。サラリーマンなら嫌という程経験しているはずです。それをネットビジネスでも忘れないの稼ぐコツだったりします。

 

ちなみに「YTM Final Edition」で解説される「オリジナル動画」は、

  • 撮影系
  • コメンテーター系
  • ナレーション系

などがあります。

「撮影系」と聞くと、”顔出しや声出し”をしないといけないと思うかもしれませんが、「YTM Final Edition」では全くその必要はありません。”顔出しや声出しを必要としないジャンルもある”からです。

また、高度な動画編集技術もいらないです。逆にスマホで撮影できて、ほぼ編集なしという動画でもいけます。もちろん、顔出し、声出しでいきたい場合も対応されてます。

つまり、初心者でも上級者でも関係ないということです。どんなビジネスでも言えますが、「やる気」さえあれば成功できますからね。

(続きは現在執筆中です。しばらくお待ちください。)

 

山地

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す