素人でも簡単に!カッコイイエンディング動画を作る方法

 
 
 
どうも山地です。
 
 
今回は、素人でもカッコイイエンディング動画の作り方についてお伝えしていきたいと思います。
 
 
エンディング動画はかなり重要で、今となっては審査基準の一つとして設けられた「チャンネル登録者1000人」を最速で突破するには必須です。
 
 
というのも、チャンネル登録者視聴者維持率にエンディングというのは関わってきます。
 
それもかなり大きな割合でです。
 
 
なので、しっかりとエンディングを作り込めばチャンネル登録者も増えますし、視聴者維持率も良くなってきます。
 
 
イコール報酬もアップするということです。
 
さらに、YouTubeからの評価をもらえることにも繋がってきますので、是非カッコイイエンディングを作ってみてください。
 
 
 

エンディング動画を作る際のポイント

 
 
まず、カッコイイエンディング動画の作り方の前に、エンディング動画を作る際に抑えておくべきポイントについてお伝えします。
 
 
このポイントを抑えておかなければ、ただの自己満のエンディング動画になってしまいます。
 
そうなってしまっては意味がないので、いくつかのポイントを先にお伝えします。
 
 

・お礼

 
 
まず、1つ目はお礼です。
 
お礼とは、視聴者へ向けてのお礼です。
 
 
「ご視聴ありがとうございました」
 
などの文章を掲載するということです。
 
 
視聴者もお礼を言われたいがために動画を見ているわけではないですが、言われなかったら言われなかったで「何だこのチャンネル💢」と思ってしまいます。
 
 
そういうものです笑
 
なので、これは絶対にやりましょう。
 
 
読み上げも付けるとよりいいですね。
 
 

・チャンネル登録の催促

 
 
2つ目はチャンネル登録の催促です。
 
 
これが一番重要です。
 
しっかりとチャンネル登録の催促をしましょう。
 
 
ここでチャンネル登録者が増えるかどうかに大きく関わってきます。
 
 
というのも、人間という生き物は次に取る行動を示してあげないと行動を取らないからです。
 
 
なので、しっかりと次に取る行動を示してあげましょう。
 
 
「チャンネル登録お願いします!」
 
の文章を表示させておきましょう。
 
 
これも読み上げつけると尚良いですね。
 
 

・チャンネル登録ボタンと他動画の枠を前提に

 
 
3つ目はチャンネル登録ボタンと他動画の枠を前提にということです。
 
 
終了画面機能で挿入する登録ボタンと他動画を文字と被らないように入れるということです。
 
 
これがかぶったりしてしまうと一気にダサくなってしまいます。
 
なので、実際にエンディング動画を作成する際は頭に入れておきましょう。
 
 

・時間

 
 
4つ目は時間です。
 
エンディング動画自体の時間ですね。
 
 
あまりに短すぎてもおかしいですし、終了画面機能があまり活用できないです。
 
多くのチャンネルは10〜15秒くらいで作っている印象ですね。
 
 
ですが、僕個人的には15秒〜20秒くらいがおすすめです。
 
長すぎないですし、終了画面の機能も十分に活用できます。
 
 
ちなみに僕は20秒で作るようにしています。
 
終了画面機能のMAXの時間が20秒だからです。
 
 
何かと区切りが良いですし、本編が9分40秒以上の動画ならミッドロール広告をつけることができるようになります。
 
 
 
以上、4つがエンディング動画を作る際のポイントです。
 
 
本当にこれを抑えているのといないのとでは雲泥の差なので、是非これを意識した上でエンディング動画を作成してください。
 
 

カッコイイエンディング動画の作り方

 
 
簡単に作るなら画像に文字だけとかだと思いますが、それだけだと正直物足りないです。
 
全然かっこ良くならないですね。
 
 
やはり動きを付けないとダメです。
 
 
ですが、動画編集のプロとかじゃないと正直厳しいですよね。
 
でも、ある一つのものを使えば誰でも素人でもカッコイイオープニング動画を作ることができます。
 
 
それが「動画素材」です。
 
 
動画素材と呼ばれるものです。
 
この動画素材を使えば誰でもカッコイイオープニング動画を作ることができます。
 
 
では、どこから動画素材を拾ってくるのかですが、「ニコニ・コモンズ」というサイトを利用します。
 
 
ニコニコ動画とかと同じ系列ですね。
 
 
アクセスするとこんな感じです。
 
 
 
 
アクセスしたら次に「素材ライブラリー」を選択します。
 
 
 
この「素材ライブラリー」から検索して動画素材をダウンロードしていきます。
 
ですが!
 
ただ、普通に検索してなんでもかんでもダウンロードしれ使ってしまうとトラブルの原因になってしまいます。
 
 
なので、まず「検索サポートを開く」を選択してください。
 
 
 
 
開くとこんな感じで詳細検索ができます。
 
そして、絶対にやってもらいたいことがあります。
 
 
それは「その他の条件で検索」の設定です。
 
 
 
 
最初は、全てにチェックが入っていると思いますが、いくつか外さなければなりません。
 
 
まず、一番上の「作品種類」の部分ですが「動画」のみにチェックを入れます。
 
 
次からが重要です!
 
 
2番目の「利用許可範囲」ですが、「インターネット全体」のみにチェックを入れて「ニコニ・コモンズ」のチェックは外します
 
 
これを外しておかないとニコニ・コモンズ対応サイトのみでしか使えない動画素材も検索結果に出てきてしまいます。
 
 
そのような動画素材をニコニ・コモンズ対応サイト以外で使用してしまうと、著作権違反などのトラブルになりかねませんので絶対に外しておきましょう。
 
 
3番目もかなり重要です。
 
営利利用」ですが、ここは「営利利用可」のみにチェックを入れておきましょう。
 
 
「非営利利用目的のみOK」「別途許可が必要」などでもYouTubeで使用することはかのですが、収益化ができません
 
「別途許可が必要」ならできるかもしれませんが、こんな所に時間を割く必要はないのでなしです。
 
 
これも勝手に収益化して使用しているとトラブルになりかねませんので、「営利利用可」のみにチェックを入れておきましょう。
 
 
この上記の設定を絶対にするようにしてください。
 
 
すると、このような感じになっていると思います。
 
 
 
あとは、このまま検索するでも良いですし、上の検索窓に具体的な欲しい動画素材があるのであればキーワードなんかを入力して検索しても良いですね。
 
 
検索すると、このように動画素材がたくさん出てきます。
 
 
 
 
ダウンロードする際は、ダウンロードしたい動画素材を選択して動画素材の画面にいきます。
 
 
 
 
そして、「ダウンロード」をクリックします。
 
 
 
すると、利用条件が表示されますので、念のためもう一度確認しておきましょう。
 
 
「利用許可範囲」が「インターネット全体」になっていること。
 
「営利利用」が「営利利用可」になっていること。
 
 
この2つの確認ができたら「ダウンロード」をクリックします。
 
すると、動画素材がダウンロードできます。
 
 
あとは、ムービーメーカーなどの動画編集ソフトに取り込んで文字を挿入したりBGMやSEを入れるだけですね。
 
 
なので、最初にお伝えしたエンディング動画を作る際のポイントを抑えて作ってみてください。
 
 
実際にどのように編集するのかなどをお伝えしたいのですが、各自それぞれ別の編集ソフトを使用していると思いますので僕が持っているソフトでやってもあまり意味がないなと思いやめました。
 
 
なので、代わりと言っては何ですが、参考までに程度のエンディング動画を実際に作ってみました。
 
それを最後にお見せしたいと思います。
 
 
パッパと作ったのでちょっとクオリティは落ちますが、十分なレベルのものになったと思います。
 
 

 
これは「ニコニ・コモンズ」でダウンロードした動画素材を元にテキストの挿入とテキストの動きを付け、BGMをカットして挿入しただけです。
 
 
矢印の横にチャンネル登録ボタンを挿入できるようにしました。
 
 
矢印は画像で、背景を透過させています。
 
そして文字と同じ動きを付けました。
 
 
ちょっと明るめの雰囲気のエンディング動画ができました。
 
この程度で十分です。
 
 
特に意識したポイントとしては、チャンネル登録を目立たせるという点です。
 
  
是非、「ニコニ・コモンズ」から動画素材を拾ってきてカッコイイエンディング動画を作ってみてください!
 
 
本当に簡単にカッコ良くなります!
 
 
山地直輝
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す