画像の切り抜き方と背景透過ソフトについて

 
 
 
どうも山地です。
 
 
今回はYouTubeでの動画サムネイル作成で使える画像の切り抜き方と背景透過ソフトについてお伝えしていきたいと思います。
 
 
画像の切り抜きができるだけで本当に作成できるサムネイルの幅が広がりますし、オリジナル性に特化できますのでライバルとの差別化にも繋がります。
 
 
視聴者とのファーストコンタクトとなるサムネイルですので、是非取り入れてみてください。
 
 

画像の切り抜きとは

 
 
まず、画像の切り抜きとはどいうことかというと、この画像を見てもらえれば一発で分かると思います。
 
 
 
 
 
 
このように1枚の画像の一部だけを切り抜くということです。
 
この画像だと犬の部分だけ切り抜いて、背景を消したということですね。
 
 
また、今回お伝えする方法は実際は画像の一部を切り抜くのではなくて、背景を透明化させる方法です。
 
画像の切り抜きと全く同じですし、何より画像の切り抜きより簡単です。
 
 
このように背景を透過させれば本当にオリジナリティ溢れたサムネイルが作成できるので便利です。
 
 

背景透過ソフト

 
 
では、どのようにやるのかですが、
 
まず、背景を透過させるためのフリーソフト「手軽に透明png」をインストールします。
 
 
下記のダウンロードページから各自ダウンロードしてください。
 
 
 
ダウンロード方法に関しては超簡単なので今回は省略させていただきます。
 
ダウンロードしてソフトを起動するとこのような感じになります。
 
 
 
 
起動したらまず、ソフト内に背景を透明化させた画像を取り込みます。
 
左上のフォルダマークをクリックして取り込みます。
 
 
 
取り込むとこんな感じです。
 
今回はトランプさんのみを切り取っていきたいと思います。
 
 
 
 
 
で、取り込むとカーソルがインクアイコンになっていると思います。
 
この状態で消したい部分をクリックすると、似た色の部分を自動で判別して消してくれます。
 
 
ただ最初は判別基準が設定されていないので、上のツールバーの「誤差許容度」という部分に数字を入れます。
 
ここの数字の大きさで判別してくれます。
 
 
数字が大きければ大きほど曖昧な判別基準になります。
 
最初は50でやってみてどのような感じか確認するのがおすすめです。
 
 
 
 
50にしてクリックしてみると、、、
 
 
 
 
トランプさんまで消えてしまいました。。。
 
上の矢印アイコンをクリックして元に戻します。
 
 
 
 
50だとトランプさんのスーツが背景と同じ色だと判別されてしまうので、ちょっと下げて「30」でやってみます。
 
 
 
 
 
30だと大丈夫そうですね。
 
もうちょっとギリギリまであげて調節してもいいかもしれませんが、今回はこのまま。
 
 
いらない部分をガンガン消していきます。
 
 
 
すると、こんな感じでだいたい消すことができました。
 
ですが、このままだとまだ細々した部分が残っているのでその部分をさらに消していきたいと思います。
 
 
ただ、インクアイコンのモードのままだとちょっと限界なので、消しゴムモードに切り替えてやっていきます。
 
 
上のツールバーから消しゴムアイコンをクリックして消しゴムモードに変更します。
 
 
 
 
消しゴムの大きさによって消しゴムの太さを調節できます。
 
クリックしたまま消したい部分をなぞると消すことができます。
 
 
 
 
このままでもいいのですが、ちょっと細かい部分が見えにくいという場合は、上のツールバーの「拡大表示」から画像の大きさを変更することができます。
 
 
 
 
見やすい大きさを設定して細かくて見にくい部分をアップにして消すことができます。
 
 
このようにして画像の背景を消していきます。
 
 
 
 
だいたいこんな感じで完成です。
 
なかなか綺麗にできたのではないでしょうか。
 
もちろんもっと時間をかければ、もっと綺麗に切り抜くことができます。
 
 
完成したら、左上の「ファイル」から「名前を付けて保存」から保存します。
 
 
 
これで終わりです。
 
お疲れ様です。
 
無事背景を透過させることができたでしょうか?
 
 
切り取った画像は、別の画像の上に置いたりして唯一無二の画像を作ることができます。
 
 
オリジナルのサムネイルが作れるということですね。
 
サムネイルは視聴者とのファーストコンタクトで本当に大事です。
 
 
ぜひ力を入れていきましょう。
 
サムネイルの作り方はコチラから(↓)
 
 
 
山地直輝
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す