ムービーメーカーでスライドショーを作る方法について

 
 
 
どうも山地です。
 
 
今回は、ムービーメーカーでスライドショーを作る方法についてお伝えしていきます。
 
 
スライドショーの作成はネットビジネスをやるやらないに関わらず、覚えておいて損はないですね。
 
思い出の写真をまとめたり、結婚式の時なんかは重宝します。
 
もちろんネットビジネスをやる上でもです。
 
 
なので、ぜひ覚えておいてくださいね。
 
ムービーメーカーのダウンロード方法はコチラから(↓)
 
 
 

スライドショーの作り方

 
 
では、早速やっていきましょう。
 
まず、ムービーメーカーを起動させます。
 
 
 
 
起動させたら、スライドショーに使用する画像を「ビデオおよび写真の追加」から追加します。
 
 
 
今回はこの4枚の画像を使っていきます。
 
 
 
追加できましたら、まずは写真に動きをつけいていきたいと思います。
 
ただ、写真が映されているだけでは紙芝居ですからね。
 
 
上のメニューから「アニメーション」を選択します。
 
 
 
「アニメーション」を選択したらこのような画面になります。
 
 
次に、動きをつけたい画像を選択します。
 
選択すると画像の縁が水色になります。
 
 
 
選択したら上にある右側の「移動および拡大」の詳細を「▼」を押して開きます。
 
 
 
 
 
開くとこんな感じで、この中から1つ選択して画像に動きをつけることができます。
 
 
 
 
移動だったり、回転だったり、拡大縮小様々な動きをつけることができます。
 
マウスカーソルを合わせれば左側の画像が写っているところでプレビューができます。
 
 
特にこだわりがない場合は、「自動」を選択するとランダムで動きをつけてくれます。
 
 
以上で、画像に動きをつけることができます。
 
 
では、次に画像と画像の切り替わりに動きをつけてみたいと思います。
 
パッパッと変わるのでは何の面白みをないですし、視聴者も飽きてしまいますからね。
 
 
まず、切り替わりの動きを入れたい画像と画像の間があると思いますが、その2枚の画像の後ろ側の画像を選択します。
 
青枠と赤枠の画像の間に入れたい場合、赤枠の画像を選択します。
 
 
 
 
選択したら、次に今度は左側の「切り替え効果」の詳細を「▼」を押して開きます。
 
 
 
 
すると、さまざまな切り替わりエフェクトが表示されます。
 
 
 
 
この中から、好きな切り替わりエフェクトを選択すれば挿入することができます。
 
 
この切り替わりエフェクトは、自動はないのでどれかを選択してくださいね。
 
 
主に、この2つを繰り返していくことで簡単にスライドショーが作成できます。
 
 
 
では、次に保存のやり方についてお伝えします。
 
スライドショーが完成したら、上のメニューから「ホーム」を選択します。
 
 
そして、右にある「ムービーの保存」をクリックします。
 
 
 
すると、このようなタブが出てきますので、スライドショーの名前を入力して、「保存」を押せばこれだけで保存されます。
 
 
 
 
 
以上でスライドショーの完成です。
 
 
お疲れ様でした。
 
 
ムービーメーカーは本当にいろんなことができます。
 
それに超有名ソフトのなので、わからないことがあれば検索すればすぐに出てきます。
 
これが超有名ソフトの最大の利点だと僕は思っています。
 
一瞬で欲しい情報を手に入れる方法についてはコチラ(↓)
 
 
 
ぜひ、ムービーメーカーを活用しまくってくださいね。
 
 
山地直輝
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す