ムービーメーカーで文字に輪郭を入れる方法について

 
 
 
どうも山地です。
 
 
今回は、ムービーメーカー内で文字に輪郭を入れる方法をお伝えしていきたいと思います。
 
文字に輪郭を入れることで、一気に見栄えが変わります。
 
こういった手間をちょくちょく加えていくことで動画のクオリティは上がっていきます。
 
 
なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。
 
 

ムービーメーカー内の文字に輪郭を入れる

 
 
では、早速やっていきましょう。
 
まず、ムービーメーカーを起動します。
 
ムービーメーカーのダウンロード方法はコチラ(↓)
 
 
 
起動したら、何からしらの動画か画像を「ビデオおよび写真の追加」からムービーメーカー内に取り込みます。
 
 
 
 
 
取り込んだら、次に「キャプション」を追加します。
 
文字の追加は基本的にこの「キャプション」か「タイトル」を使います。
 
 
 
 
追加しましたら、テキストを入力します。
 
実験的にやる人はこのままでも大丈夫です。
 
 
 
入力したら、この画像のように文字自体の色が同化して見にくい場合は、「A▼」をクリックして色を変更することもできます。
 
 
その左の「I」を押せば、テキストが斜めになっておしゃれな感じになります。
 
さらにその左の「B」を押せば、テキストを太文字にすることができます。
 
 
 
 
では、次にいよいよ文字に輪郭を入れていきます。
 
メニューの右側にある「輪郭のサイズ」を選択します。
 
 
 
 
すると、このように輪郭のサイズを選択できます。
 
お好きなサイズを選択してください。
今回は「中」を選択します。
 
 
 
 
すると、ちょっとわかりにくいかもしれませんがこのように文字に輪郭が入ります。
 
 
次に、この文字の輪郭の色を変更していきます。
 
デフォルトで輪郭の色はグレーになっています。
 
 
「輪郭のサイズ」の横にある、「輪郭の色」をクリックしてお好きな色にしてください。
 
 
 
すると、このように輪郭の色を変更することができます。
 
黄色に変更して見ました。
 
 
 
 
これで、文字に輪郭を入れる方法については終了です。
 
お疲れ様でした。
 
 

おまけ

 
 
おまけで「文字をスクロールさせる」方法についてもお伝えしておきます。
 
 
では、まず「キャプション」で文字を入れます。
 
 
入れたら、「輪郭のサイズ」の左隣にある特殊効果の詳細を「▼」で開きます。
 
 
 
 
すると、このように様々な動きを文字につけることができます。
 
 
 
そして、この中から「スクロール」を選択しクリックします。
 
 
 
 
すると、文字が上にスクロールしていきます。
 
 
これで文字スクロール動画を作成することができます。
 
 
ムービーメーカーはもっともっといろんな機能が備わっています。
 
YouTubeで稼いでいくにあたって最初はムービーメーカーを主に使って動画作成していくと思いますので、ぜひムービーメーカーを使いこなしてみてくださいね。
 
 
では、以上となります。
 
お疲れ様でした。
 
 
山地直輝
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す