WordPressに導入すべき必須プラグイン16選!これだけあれば間違いない!

どうも山地です。

今回は、WordPressのオススメプラグインを紹介したいと思います。

プラグインとは、よく例えられるのは、ドメイン、サーバー、ワードプレスを揃えて、自分のお店であるブログを開店させたが一人では回せないため、自動で働いてくれる従業員のようなものです。

しかも、無償で働いてくれる従業員が「プラグイン」です。

WordPressを使っていく上で、ほぼ100%の人が何かしらのプラグインを入れています。

そのぐらい便利ですし、セキュリティ面でも必須なので是非インストールしていきましょう。

プラグインのインストール方法

プラグインのインストール方法は主に2つあります。

コチラ(↓)からご確認ください。

【初心者必見】Wordpressでプラグインをインストールする方法2選!

2018.03.04

 

WordPressおすすめプラグイン16選

 

WordPressを便利に最大限活用するためにも、プラグインは必要不可欠です。

WordPressを開始したばかりだと、何が良いのか多くてよく分からないと思います。

ちょっと検索してみても、情報が古かったり、50選!とか明らかに、そこそこのものを適当に紹介しているサイトばかりです。(50選なんて多すぎて笑ましたw)

それに、プラグインはなんでもかんでも入れれば良いってわけじゃないです。

プラグイン同士の相性みたいなのがあって、組み合わせによってはトラブル誤作動の原因にもなります。

そこで、WordPressを始めたら最低限これだけ入れておけば問題ない「必須のプラグイン16個」をまとめました。

もちろん、組み合わせ的にも問題ないです!

僕のこのブログも実際に全て入れています。

まずは、これらのプラグインをインストールしておけばOKです!

アクセスアップ系プラグイン

 

All In One SEO Pack

アクセスアップに絶対欠かせないSEOプラグインです。

SEOで肝となる、キーワードや説明欄を設定でき、必要なSEO対策が詰まった超便利定番プラグインです。

 

WordPress Ping Optimizer

記事投稿時に、Ping通知を飛ばして周りに知られてくれるプラグイン。

これによって、検索結果に出やすくなるので割と重要です。

Google XML Sitemaps

 

Google大先生にブログ更新報告をする、XMLサイトマップ自動生成プラグインです。

これでGoogle先生が気づいてブログを見に来てくれるようになります。

 

裏方仕事系プラグイン

 

Akismet

 

最強のスパム対策プラグインです。

ブログのセキュリティ面で絶対に欠かせません。

 

Broken Link Checker

ブログ内のリンクエラーを自動でチャックし、検出してくれるプラグイン。

これにより、リンクエラー、リンク切れの心配はなくなります。

 

WP Multibyte Patch

英語表記のものを日本語にしてくれる割と便利な翻訳プラグイン。

WordPressやプラグインの開発元は海外が多いのですごくありがたいです。

また、細かな設定はいらないのインストールしたら、有効化させるだけでOKです。

 

No Self Pings

セルフピンバックを防いでくれる便利プラグイン。

自分のブログ内の不要なピンバックがなくなります。

これも細かな設定はいらないのでインストールしたら、有効化しておくだけです。

『ピンバック』とは、記事内でリンクを貼った際に、リンク先にリンクが貼られたことを知らせる機能です。

他ブログに知らせるのは全然良いのですが、自分のブログ内にも「セルフピンバック」としておしらせしてしまうので、不要なピンバックは減らしておきましょう。

 

PS Auto Sitemap

ブログ内の記事一覧のマップを自動で作ってくれるプラグイン。

必須コンテンツと言われる「サイトマップ」が簡単に作れます。

 

UpdraftPlus Backup

何かあった時にために備えてバックアップを取ってくれるプラグイン。

他にも有名なバックアッププラグインはありますが、設定がプロでも困難です。

ですが、「UpdraftPlus Backup」ならワンクリックでバックアップが取れます。

 

Jetpack

ブログ運営する上で必要ないろんな機能が詰まった超便利なプラグイン。

これ一つあるだけで幅が広がります。

 

Edit Author Slug

知らない内に漏れている、WordPressIDを保護してくれるプラグイン。

セキュリティ的にも絶対に避けたいので、入れておきましょう。

 

EWWW Image Optimizer

画像容量を圧縮し、ページ表示速度を高速化させてくれるプラグイン。

ページ表示速度はSEO的にも重要です。

このプラグインがあれば、アップロードした画像を自動で圧縮してくれるので必須です。

 

あると便利系プラグイン

 

WordPress Popular Posts

ブログ内記事の人気記事ランキングを簡単に作成できます。

ブログ内コンテンツ充実にも繋がり、滞在時間も伸びるので、必須です。

 

TinyMCE Advanced

見たまま、ラクチンに記事作成ができる超便利プラグイン。

これだけで、作成できる記事のクオリティ・幅が格段に変わります。

 

Contact Form 7

便利なお問い合わせフォームが簡単に作成できるプラグイン。

ブログ運営、情報発信をする上で問い合わせ先は必須です。

絶対設置しておきましょう。

Table of Contents Plus

記事内の見出しに合わせ、自動で記事の目次を作成してくれるプラグイン。

読みたい場所に飛べるリンク付き目次を作成してくれるので超便利!

 

まとめ

今回、紹介した16個のプラグインはどれも必須です。

16個もあるので、最初は大変かもしれませんが、一度設定すればあとは放置でOKなので、最初だけ頑張って見てください。

ビジネスと一緒ですね。最初が大変。

山地直輝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す