「Edit Author Slug」で、実は知らない間に流出しているIDを保護しよう!

 
 
 
どうも山地です。
 
 
今回は、Wordpressプラグインの「Edit Author Slug」の設定方法についてお伝えしていきたいと思います。
 
 
ブログ運営する上で、怠るとヤバイのが「セキュリティ」です。
 
実は、そのままのブログだと、あなたのIDが漏れてしまっています・・・!
 
 
そこで、今回紹介する「Edit Author Slug」です。
 
 
知らない間に漏れてしまっているIDを保護してくれる超重要なプラグインです。
 
これをいれておかないと、あなたのIDが流出してしまいます。
 
 

IDが流出してしまう理由

 
http://(自分のWordPressブログ URL)/?author=(ID)
(↑)のURLで、Wordpressでの投稿者毎のアーカイブを表示させることができます。
 
 
管理するユーザーが自分一人だけの場合は、「ID」に「1」が割りあてられています。
 
複数いる場合は、順に「1」「2」「3」……と割り振られています。
 
 
例えば、僕のブログでやってみるとこんな(↓)感じに表示されます。
 
 
 
 
この赤枠に、WordPressログイン時に使用するIDが表示されてしまっているのです!
 
 
是非一度、自分のサイトでもやってみてください。
 
ちなみにこれは誰でも見ることができます
(Wordpress標準機能のため)
 
 
もちろん、IDが流出してもすぐに乗っ取られたりなどするわけではないですが、悪用されてしまうリスクが跳ね上がってしまいます。
 
 
そこでこの「Edit Author Slug」です。
 
 

Edit Author Slug

 
では、早速インストールしていきます。
 
 
 
 
プラグインのインストール方法についてはコチラ(↓)です。「有効化」を忘れないように!
 
 
 

設定方法

 
 
Edit Author Slug」をインストールして有効化したら設定していきます。
 
 
 
 
まず、「設定」から「Edit Author Slug」を選択します。
 
 
 
 
投稿者ベース」の空欄に「user」と入力します。
 
入力したら、「変更の保存」を選択します。
 
 
 
 
次に、「ユーザー」から「あなたのプロフィール」を選択します。
 
 
 
 
1、「ニックネーム(必須)」に表示させたい名前を入力する
 
2、「ブログ上の表示名」入力したニックネームに変更する
 
 
 
次に、「投稿者スラッグ」の「カスタム設定」を選択します。
 
そして、空欄に「user1」と入力します。
 
入力したら「プロフィールを更新」を選択します。
 
 
※ユーザーが複数いる場合は、ユーザー設定を繰り返します。
 
 

まとめ

 
設定後には、もちろんこのように(↓)URLを打ち込んでも、無事IDが表示されないようになっています。
 
 
 
自分が表示したニックネームで、ユーザーの1人であるという表示になるので、とても安心です。
 
 
こういったセキュリティに関しては、ネットビジネスだけでなくネット上で利用するもの全てで細心の注意を払っていきたいですね。
 
 
以上で、「Edit Author Slug」の設定は全て完了です。
 
お疲れ様でした!
 
 
山地直輝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す