「EWWW Image Optimizer」で、画像を圧縮して、ページを高速表示!読者離れ対策!

 
 
 
どうも山地です。
 
今回は、Wordpressプラグインの「EWWW Image Optimizer」の設定方法についてお伝えしていきたいと思います。
 
 
ブログを運営していく上で、1つの高い壁となるのが「ページ表示の高速化」です。
 
ページ表示が遅いと、どれだけ良い記事でも読者が離れていったりGoogleからの評価も下がってしまいます。
 
 
そこで画像圧縮プラグインの「EWWW Image Optimizer」です。
 
 
EWWW Image Optimizer」は画像を圧縮しページ表示速度を高速化させてくれます。
 
これを入れておくだけで、画像の圧縮・最適化を自動で行ってくれるので、ページ表示高速化には必須のプラグインです。
 
 

EWWW Image Optimizer

 
では、まずインストールしていきましょう。
 
 
 
 
プラグインのインストール方法についてはコチラ(↓)です。「有効化」を忘れないように!
 
 
 

設定方法

 
インストールできたら「EWWW Image Optimizer」を設定していきます。
 
 
 
設定」から「EWWW Image Optimizer」を選択します。
 
 
 
まずは、「基本設定」からです。
 
基本設定」の「メタデータを削除」にチェックを入れます。
(デフォルトで、すでに入っている場合が多いと思います。その場合は次へ)
 
 
 
そして、次に「変換設定」です。
 
変換設定」の「コンバージョンリンクを非表示」にチェックを入れます。
 
 
そして、「変更を保存」を選択します。
 
 
他の設定はそのままでOK

他の「高度な設定」「リサイズ設定」「Webp設定」に関しては基本的にそのままでOKです。

「高度な設定」は画像の圧縮をスケジュール化したい場合などに設定します。
「リサイズ設定」は、画像を特定のサイズ内に設定したい場合などです。

必要に応じて各自設定してください。

※ただ、むやみに設定してしまうとブログの負荷表示崩れに繋がってしまいます。

なので、よく分からない場合や必要がない場合は設定しないことをおすすめします。

 
 

画像の圧縮・最適化

 
 
次に画像の圧縮をしていきます。
 
 
メディア」から「一括最適化」を選択します。
 
 
最適化されていない画像をスキャンする」を選択し、圧縮されていない画像をスキャンします。
 
 
 
準備が完了したら、「最適化を開始」を選択します。
 
これで、画像の圧縮・最適化が開始されます。
 
 
 
 
(↑)このように表示されれば、画像の圧縮・最適化完了です。
 
 

まとめ

 
これだけで本当に画像の読み込み速度がものすごく高速化します。
 
結果、ページ表示の高速化にも繋がるということですね。
 
 
しかも、これ以降にアップロードした画像自動で圧縮してくれるので、本当に優秀なプラグインです。
 
 
ページ表示高速化には、必須のプラグインですね!
 
 
以上で、「EWWW Image Optimizer」の設定は全て完了です。
 
お疲れ様でした!
 
 
山地直輝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す