「Google XML Sitemaps」でGoogle先生に大声で報告!

 
 
 
どうも山地です。
 
今回は、Wordpressプラグインの「Google XML Sitemaps」の設定方法についてお伝えしていきます。
 
 
ただ、ブログを更新しても、それをGoogle先生に知ってもらわないと、検索結果に表示されず、誰もアクセスしてきません。
 
 
そこで、ブログの更新情報を伝える「Google XML Sitemaps」です!
 
 
Google先生に更新情報を伝えるためのXMLサイトマップを作ってくれます。
 
これによりGoogle先生がブログを見に来てくれるようになります。
 
 

Google XML Sitemaps

 
 
まずは、「Google XML Sitemaps」をインストールします。
 
ダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」で、検索窓に「Google XML Sitemaps」と検索します。
 
 
 
 
 
プラグインのインストール方法はコチラ(↓)です。「有効化」を忘れないように!
 
 
 
 

設定方法

 
 
「Google XML Sitemaps」がインストールできたら設定していきたいと思います。
 
 
まず、左側のメニューの「設定」から「XML Sitemaps」を選択します。
 
 
 
 
ここから設定していきます。
 
設定するのは主に3つです。
 

1、投稿の優先順位

 
 
 
 
「投稿の優先順位」という項目を探し、「優先順位を自動的に計算しない」を選択します。
 
 

2、Sitemap コンテンツ

 
 
 
 
次に「Sitemap コンテンツ」という項目を探し、上の画像を同じように上記4つの項目にチェックを入れます。
 
 
「ホームページ」「投稿(個別記事)を含める」「固定ページを含める」「カテゴリーページを含める」の4つです。
 
 

3、更新頻度の設定

 
 
次に更新頻度の設定」です。
 
(↑)の赤枠と同じように設定します。
 
 
 
「ホームページ」は「毎日」
 
「投稿(個別記事)」は「毎日」
 
「固定ページ」は「毎週」
 
「カテゴリー別」は「毎週」
 
「今月のアーカイブ」は「更新なし」
 
「古いアーカイブ」は「毎月」
 
「タグページ」は「更新なし」
 
「投稿者ページ」は「更新なし」
 
 
 
 
これら上記3つの設定ができたら、「設定を更新」をクリックします。
 
 
これで「Google XML Sitemaps」の設定は全て完了です。
 
お疲れ様でした。
 

まとめ

 
 
「投稿の優先順位」を自動的に決めないようにして、「更新頻度の設定」で個別に指定しています。
 
 
 
これでユーザーに見てもらいたいコンテンツや、Googleから高評価を得られる記事を優先通知して、ブログの評価があがるようになります。
 
 
また「Sitemap コンテンツ」で、「カテゴリーページ」を含めた4つにチェックし、より検索してもらえる設定になっています。
 
 
その他の項目はいじらなくて大丈夫です。
 
(慣れてきたり詳しくなったらいじって見ても良いかも)
 
 
山地直輝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す