「PS Auto Sitemap」で、資産ブログには欠かせないサイトマップを自動生成!

 
 
 
どうも山地です。
 
 
今回は、Wordpressプラグインの「PS Auto Sitemap」の設定方法についてお伝えしていきたいと思います。
 
 
各記事や固定ページなど、ブログ内の全コンテンツを一覧化したものを「サイトマップ」と言います。
 
GoogleAdsense」の申請などに欠かせないものですが、いちいち自分で作るのは非常に面倒です。
 
 
そこで、サイトマップを自動で生成してくれるプラグイン「PS Auto Sitemap」です。
 
 
ブログの全記事一覧を自動で作ってくれます。
 
必須コンテンツと言われている「サイトマップ(サイトの案内板)」を自動で生成してくれます。
 
 

PS Auto Sitemap

 
 
ではまず、「PS Auto Sitemap」をインストールしていきましょう。
 
 
 
 
プラグインのインストール方法についてはコチラ(↓)です。「有効化」を忘れないように!
 
 
 

設定方法

 
 
では、「PS Auto Sitemap」をインストールし、有効化したら設定していきます。
 
 
 
プラグインを「有効化」したら、「固定ページ」から「新規追加」を選択します。
 
 
 
 
まず、最初にタイトル「サイトマップ」と入力します。
 
 
 
 
次に、パーマリンクの編集「sitemap」と入力します。
 
 
 
 
そして、本文の「ビジュアル」ではなく「テキスト」エディタ側に↑のようにコピーして貼り付けます。
 
 
下記(↓)からコピーして貼り付けてください。
 
 
<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->
 
本文に貼り付けたら、「公開」を選択します。
 
 
 
 
「公開」をしたら、記事のURLの(↑)の赤枠の部分を見てください。
 
post=?」の部分です。
 
 
ここの数字を覚えておくか、メモしておいてください。
 
 
 
 
次に、「設定」から「PS Auto Sitemap」を選択します。
 
 
 
 
PS Auto Sitemapの設定画面の「サイトマップを表示する記事」の(↑)の赤枠の空欄に、先ほどの数字を入力してください。
 
 
 
 
次に、「スタイルの変更」から好みのスタイルを選び、「変更を保存」を選択してください。
 
 
スタイルは、個人的には「チェックリスト」か「矢印」がおすすめです。
 
ここは何でも好みのスタイルで大丈夫です。
 
 
あとは、作成した「サイトマップ」のページのリンクを好きなところに貼ればOKです!
 
 

まとめ

 
 
ちなみに当ブログのサイトマップはこんな感じ(↓)です。
 
 
 
 
フッターメニューから飛べるので、是非見てみてください!
 
 
新しい記事ページを更新すると、自動でリストに追加されます。
 
非常に便利ですね!
 
 
以上で、「PS Auto Sitemap」の設定は全て完了です。
 
お疲れ様でした!
 
 
山地直輝
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す