「Table of Contents Plus」で、記事に目次を付けよう!

 
 
 
どうも山地です。
 
 
今回は、Wordpressプラグインの「Table of Contents Plus」の設定方法についてお伝えしていきたいと思います。
 
 
読者さんからすると、記事にあったら便利なのが「目次(リンク付き)」です。
 
 
また、運営する方も訪問された方に記事の全体像を知らせることができるほか、文章や画像でコンテンツが長くなってしまっても、リンクで読みたい場所へ飛んでもらえます。
 
 
ですが、記事毎にイチイチ作るのとんでもなく面倒です。
 
 
そこで、記事毎に「目次(リンク付き)」を自動生成してくれる「Table of Contents Plus」です。
 
 
Table of Contents Plus」は記事の見出しに合わせて、「目次」を自動生成してくれます。
 
リンク付きなので、読みたい場所にパッと飛べますし、記事のポイントが一目で分かるので、読者、運営者共にwin-winです。
 
 

Table of Contents Plus

 
 
では、早速インストールしていきましょう。
 
 
 
 
プラグインのインストール方法についてはコチラ(↓)です。「有効化」を忘れないように!
 
 
 
 

設定方法

 
 
Table of Contents Plus」のインストールができたら設定していきたいと思います。
 
 
 
まず、「設定」から「TOC+」を選択します。
 
 
 
次に、「基本設定」の「表示条件」と「以下のコンテンツタイプを自動挿入」を(↑)のように変更します。
 
 
表示条件を2〜3以上にすることで、2〜3以上見出しがあった場合に「目次」が表示されるようになります。
 
2つだとちょっと少ないし、4つだとそこまで見出しを作らないこともあるので、「3」がおすすめです。
 
 
以下のコンテンツタイプを自動挿入」では「post」を選択することで、固定ページでは目次を作らないようにするためです。
 
 
 
 
次に、「見出しテキスト」です。
 
(↑)と同じように変更してください。
 
 
目次の上のタイトルは「目次」や「もくじ」などがおすすめです。
 
 
切り替えテキストは、目次を表示させるか非表示にするかのテキストです。
 
表示」と「隠す」か「非表示」とかがおすすめです。
 
 
(好みのテキストに変えても構いません。)
 
 
 
 
次に、「横幅」と「文字サイズ」と「プレゼンテーション」ですが、これらは各自好みで設定してください。
 
 
 
そして、次に「上級者向け」の部分を「表示」させます。
 
 
 
 
見出しレベル」の部分を「h3」までチェックを入れます。
 
 
これは目次に表示する見出しのみにチェックを入れます。
 
 
目次があまりに多くなりすぎては、おかしいので「h3」または「h4」くらいまでにしておくことをおすすめします。
 
 
あとの設定は、そのままでOKなので、「更新」を選択します。
 
 

まとめ

 
 
設定後は、(↓)このように「目次(リンク付き)」が自動で生成され表示されます。
 
 
 
このような目次があると読者も読みたい場所にすぐさま飛ぶことができるし、何より記事のポイントがまとめられているので非常に読みやすい記事になります。
 
 
結果、滞在時間が長くなりGoogleからの評価も上がって、SEOにも繋がったりします。
 
こういった一見SEOに関係なさそうなところとかが、かなり重要だったりします。
 
 
では、以上で「Table of Contents Plus」の設定は全て完了です。
 
お疲れ様でした!
 
 
山地直輝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す