ブランディング機能の設定方法について〜ブランディング機能に使える画像無料配布中〜

 
 
 
どうも山地です。
 
 
今回はYouTubeでのブランディング機能の設定方法と使い方についてお伝えしていきたいと思います。
 
 
YouTubeの収益化審査基準が厳しくなった今、チャンネル登録者をいち早く伸ばすことが重要です。
 
審査基準の2つのうち1つの「総視聴時間4000時間」というのはそう難しくないです。
 
 
1動画の平均視聴時間が2〜3分で計算しても、再生回数8万〜12万です。
 
これは収益で見積もると1万円前後なので、いずれは余裕で超えていかないと稼ぐのは厳しい数字です。
 
 
なので、そこまで問題ではないです。
 
 
問題は2つ目の登録者1000人です。
 
 
これがなかなかハードルが高いです。
 
月に30万円とか稼いでいくなら登録者最低でも2000人とかになるので、絶対無理な数字とかではないですが、チャンネル立ち上げ段階で登録者1000人まで収益0円というのが精神的にキツイです。
 
 
特に初心者の方だと。
 
もちろんこのぐらい余裕で乗り越えないと大きく稼いでいくのは厳しいですが、早く収益化させたいというの事実です。
 
 
なので、登録者アップに繋がる方法は全てやるべきです。
 
その一つでもあるのが今回お伝えする”ブランディング機能”です。
 
 
設定は簡単ですし、すぐに終わるのでパッとやっちゃってください。
 
 

ブランディング機能とは

 
 
ブランディング機能とは、YouTubeの動画にロゴ画像を挿入することのできる機能で、そのロゴ画像がクリックされるとチャンネル登録できるというものです。
 
 
なので、直接チャンネル登録者アップに繋がるというものですね。
 
 
ブランディング機能を挿入すると動画の右下に表示されます。
 
 
 
 
これを実際に設定していきたいと思います。
 
 

ブランディング機能の設定方法

 
 
まず、自分のチャンネルのクリエイターツールのダッシュボードにアクセスします。
 
次に、「チャンネル」を選択します。
 
 
 
 
「チャンネル」を選択したら、「ブランディング」を選択します。
 
 
 
 
ここからブランディング機能の設定ができます。
 
まず、「透かしを追加」を選択します。
 
 
 
 
すると、このように画像ファイルを選択できるタブが表示されます。
 
「ファイルを選択」からブランディングとして表示させる画像を選択します。
 
 
 
 
ブランディングに推奨されている画像のファイル形式は「PNG、GIF」です。
 
最大ファイルサイズは1MBです。
 
画像の推奨サイズは300×300です。
 
 
チャンネル登録を促す画像がおすすめです。
 
「登録」の文字だけとか、「チャンネル登録」だけとかですね。
 
 
ちなみに今回使用したのはこの画像です。
 
 
「登録」の文字だけとシンプルにして、背景が透けるように作成しています。
 
特にこだわりがないという方は下記リンクより上記の画像をダウンロードして使ってもらって構いません。
 
 
 
 
画像の選択ができたら、ちゃんと選択した画像が選択させれているか確認して「保存」をクッリクします。
 
 
 
 
すると、どのように表示されるか確認があります。
 
もう一度「保存」をクリックして完了です。
 
 
 
 
これで、ブランディングの画像を挿入することができました。
 
 
 
 
次に、表示タイミングと開始位置についてです。
 
 
表示タイミングとは、ブランディング画像が動画が再生されてどのタイミングで表示されるようにするかというものです。
 
 
「動画の最後」「開始位置を指定」「動画全体」と選択できますが、「開始位置を指定」にしてください。
 
 
「動画全体」にした方が良いんじゃないかと思うかもしれませんが、それだと動画とブランディングが一体化して動画の一部だと思われてブランディングと認識してもらえません。
 
 
なので、「開始位置を指定」を選択してください。
 
 
「動画の最後」は論外です笑
 
 
次に「開始位置」ですが、3〜5秒がおすすめです。
 
1〜2秒だと早すぎるし、10秒とかだとちょっと遅いです。
 
 
なのでちょうど良いくらいの3〜5秒がおすすめです。
 
 
すると、動画が開始されて3〜5秒後にブランディング画像が表示されます。
 
 
 
これでブランディング機能の設定は全て完了です。
 
お疲れ様でした。
 
 
こうした一見効果が薄そうなことをちまちまやることでチャンネル登録者増加に繋がります。
 
なので、是非やっておきましょう。
 
 
山地直輝
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す