YouTubeで動画内の広告を増やす方法について

 
 
 
どうも山地です。
 
 
今回は動画内の広告を増やす方法についてお伝えしていきたいと思います。
 
 
広告が増えることによって、広告がクリックされる可能性も上がりますし、
 
報酬アップにも直接繋がります。
 
 
報酬をアップさせたい方は絶対やっていきましょう。
 
 

動画内の広告を増やせる動画とは

 
 
広告を増やすには1つだけ条件があります。
 
それは”10分以上の動画”ということです。
 
 
10分以上の動画でないと広告を増やすということはできません。
 
例え、9分59秒でもできません。
 
 
最低でも10分以上の動画でないと、YouTube側からしたら無法地帯になりかねないというのがあるからでしょう。
 
1分の動画で1秒ごとに広告を入れる輩とかが出てきますからね。
 
 
そうなれば動画投稿者だけでなく広告主のイメージは最悪になります。
 
広告主はYouTube広告を利用しなくなるので、YouTube側も広告に関してはかなり慎重に扱います。
 
 
ちょっと話がずれてしまいましたが、
 
なので、10分以上の動画をまず投稿する必要があります。
 
 

広告の増やし方

 
 
10分以上の動画を投稿したら、早速広告を増やしていきたいと思います。
 
まず、10分以上の動画の編集ページへアクセスします。
 
そして、チャンネルを収益化していれば表示されている「収益受け取り」を選択します。
 
 
 
 
すると、このような画面になります。
 
一番下の「ミッドロール挿入点」から広告を増やしていきます。
 
 
 
 
まず、青いバーをドラッグして、広告をいれたい時間にバーを持っていきます。
 
例、動画開始から1分34秒に広告をいれたければ、下記の画像のように1分34秒地点に青いバーをドラッグし持っていきます。
 
 
青いバーを持っていくことができたら、右にある「広告を挿入」をクリックし広告を挿入します。
 
 
 
 
すると、このように灰色の表示が出ます。
 
これで1分34秒に広告を表示させることができるようになりました。
 
 
 
 
 
これを繰り返して、広告を挿入していきます。
 
何個広告をいれたら良いのかとかあると思いますが、個人の好みです。
 
 
僕の場合は、10分なら3個で15分以上なら4個と決めてます。
 
挿入する時間も決めてテンプレ化しています。
 
すると、時間短縮にも繋がりますからね。
 
 
全て広告を挿入し終わったら、右下の「変更を保存」をクリックして完了です。
 
 
 
 
 
この動画は15分以上だったので4個広告を入れました。
 
 

注意点

 
 
このミッドロール広告を使用するのに1つだけ注意点があります。
 
 
このミッドロール広告は、正直何個でも広告を挿入することができますが、
 
絶対常識の範囲内に留めてください。
 
 
あまりにも広告が多すぎると視聴者からしてみれば”ウザい”以外のなんでもありません。
 
もちろん低評価が増えますし、そうなればYouTube側からの評価も下がることに繋がります。
 
 
最悪YouTube側からのスパム判定をもらってしまいます。
 
なので、絶対常識の範囲内に留めるということを意識しておいてください。
 
 
そういったブラックな方法で一時的に稼いでも全く意味がありません。
 
しっかりとホワイトな方法で稼いでいきましょう。
 
 
悪いことをすれば全て自分に帰ってきます。
 
 
 
どうしても報酬をアップさせたいのなら、10分以上の動画のみを投稿していきましょう。
 
実はこれ実際に効果あってかなり報酬アップに繋がります。
 
 
僕が実体験済みです笑
 
 
動画時間が長いほうがYouTubeに評価されやすいというのもあります。
 
なので、是非実践してみてください。
 
 
山地直輝
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す