再生リストを使って裏技的アクセスアップする方法

 
 
 
どうも山地です。
 
 
いきなりですが、再生リスト使ってますか?
 
再生リストって実は、1再生リスト=1動画並みの効果があります。
 
 
1つの再生リストで、1本の動画作るのと変わらないということです。
 
今回は、この再生リストを使ってアクセスアップする裏技的手法についてお話ししていきます。
 
 

再生リスト

 
 
まず、再生リストとはですが、自分のチャンネルの動画をジャンルごとやシリーズごとにまとめたりして、視聴者が見やすくなるようにしたりするものです。
 
 
ですが、元々は視聴者自体が他人の好きな動画をまとめて自分で視聴するものです。
 
 
それに、先ほども言いましたが、再生リスト1つと動画1本はイコールです。
 
現に、検索結果や関連動画にも出てきます。
 
 
しかも、無限に作成することができます。
 
これを活用しない手はないですよね。
 
 

裏技的アクセスアップ

 
 
では、この再生リストをどのように活用していくのかというと、
 
他人の人気動画をまとめて途中に自分の動画を差し込んでおきます。
 
 
すると、再生リストは勝手に次々と動画が終了する度に次の動画が自動で再生されます。
 
1が終わったら2が自動的に再生され終わったら3が自動的に再生…
 
 
なので、そこに自分の動画を差し込んでおけばアクセスアップが見込めるのです。
 
 
例えば、お笑い芸人の千鳥さんの人気のおもしろ動画を再生リストにまとめて、その中に自分の動画を数本差し込んでおくということです。
 
 
再生リストでまとめているジャンルと全く別のジャンルでもいいのですが、同ジャンルや関連のあるジャンルだとよりアクセスアップが見込めます。
 
 

再生リストがヒットすればこんなにもアクセスが流れてくる

 
 
以前、僕が作成した再生リストがプチヒットした時の実際の画像を紹介したいと思います。
 
あらかじめ自分の動画を差し込んでおいたのですが、こんな結果になりました。
 
 
 
 
差し込んでおいた動画の再生数
 
 
 
これは実験的にやったものなので、この5000回再生されている動画のタイトルは「あ」です。
中身も画像1枚が15秒くらい写っているだけです。
 
 
もちろん、検索や関連動画からアクセスは流れてこないので、純粋な再生リストからのみのアクセスです。
 
 
なので、再生リストがヒットすれば、
 
再生リストの約3分の1くらいのアクセスは見込めるということですね。
 
 
3分の1プラスって結構デカいですよね。
 
YouTubeは再生回数=報酬なので、報酬も3分の1プラスです。
 
10万円だったら、13万円で、30万円だったら40万円です。
 
 
どうですか…
 
再生リスト使わない手はないですよね。
 
 
しかも、これは実験的なものなので動画とかタイトルが適当ですが、この辺をしっかりできれば3分の1ではなくもっとアクセスが見込めそうですね。
 
まさに、裏技的アクセスアップといったところじゃないでしょうか!
 
 
 

再生リストを作るときのポイント

 
 
再生リストの作るときのポイントについてです。
 
基本的に人気の動画で作っていくことです。
 
 
それなりに需要があるということですので、上位表示も関連動画にも表示されやすいです。
 
なので、人気の動画をまとめてそこに自分の動画を差し込んでいきましょう。
 
 
そうすればかなりアクセスが見込めるので、しっかり再生リストを活用していきましょうね!
 
 
 
山地直輝
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す