動画タイトルに付けてはダメなNGキーワードについて

 
 
 
どうも、山地です。
 
 
YouTubeで再生回数を増やすには、タイトルが最重要です。
 
タイトルでほぼ再生回数が決まるといっても過言ではないくらいです。
 
 
以前、コチラ(↓)の記事でタイトルにキーワードを盛り込むことが大事とお話ししました。
 
 
ですが、タイトになんでもかんでもキーワードをいれて良いという訳ではありません。
 
では、どういったキーワードなら良くてどのようなキーワードがダメなのか?
 
 
そこで今回は、動画タイトルに付けてはダメなNGキーワードについてお話ししていきたいと思います。
 
 

タイトルに付けてはいけないキーワードがある理由

 
 
まず、なぜそういったNGキーワードがあるのか?ということについてお話ししていきます。
 
 
YouTube自体の収入って、企業に広告を掲載してもらってその掲載料としてお金をもらっています。
 
つまり、企業の広告費ですね。
 
その中の一部がユーチューバーに支払われます。
 
 
では、なぜ企業は広告を出すのか?
 
企業の商品アピールやイメージアップ、知名度アップの為です。
 
 
もし仮に、殺戮シーンを撮影した動画に広告が出た場合企業はどう思うともいますか?
 
嫌がりますよね。
 
なぜなら、商品や企業にそのような悪いイメージが付くからです。
 
 
イメージアップどころかイメージダウンです。
 
なので、YouTubeにそのような動画に広告を出すのはやめてくれ!といいます。 
 
 
すると、YouTubeは企業がいないとなり立たないので承諾して広告停止や動画削除などをします。
 
 
このように、YouTubeと企業の目的を考えればわかります。
 
悪いイメージのあるキーワードなどが付いた動画はYouTubeに好まれません。
 
 
むしろ、そういった動画は削除され最悪の場合チャンネル削除、アドセンスアカウント停止までありえます。
 
 
なので、YouTubeで稼いでいくならNGキーワードを付けてはダメなのです。
 
 
では、どのようなキーワードがNGなのか?
 
 

NGキーワード

 
 

ネガティブ系

 
 
まず、ネガティブ系のキーワードです。
 
どのようなキーワードかというと、
 
「死、自殺、殺す、テロ」
 
 
このような、ネガティブなことが連想されるキーワードです。
 
 
しかし、芸能系などをやっていると芸能人の死を扱うことも、少なからずあります。
 
なので、そういった場合は「訃報」や「亡くなった」などにするようにしましょう。
 
 
そうすれば、ニュースとして扱っているということがYouTubeにも認識されやすいです。
 
 

エロ系

 
 
もう1つは、エロ系ですね。
 
テレビなんかでも、放送できないのと同じ理由です。
 
 
特にYouTubeはエロ系に厳しく、非常に削除されやすいです。
 
ですが、反応がすごく取れるのも事実です。
 
 
だからと言って、狙うにはリスクが高すぎますし、エロ系で稼げるようになってもドーピングみたいなものなので本当の実力ではないです。
 
なので、チャンネル削除されたら振り出しに戻り、時間を無駄にすることになります。
 
 
そんな勿体無いことはしないで、最初からエロ系頼らない王道ホワイトなやり方でいくことを僕はおすすめしています。
 
 
あと、「性事情、性」といったキーワードの動画などが一時期流行ったのですが、これはグレーゾーンです。
 
広告単価がすごく低い上に広告が付きにくいです。
 
 
なので、これも狙わないことをおすすめしています。
 
 

まとめ

 
・YouTube、企業を意識する
・ネガティブ系キーワードはNG
・エロ系キーワードもNG
 
基本的にこれらの点を守れば大丈夫です。
 
 
何度も言いますが、これらのNGキーワードは一時的には稼げますが、あくまでも一時的です。
 
本当にYouTubeで稼いでいくなら、完全ホワイト王道なやり方でやっていきましょう。
 
 
安定的にずーっと報酬が上がり続ける方が断然稼げます。
 
なので、目先の利益に惑わされないようにしましょう。
 
 
ビジネスは短期的視点ではなく、長期的視点を持ってやっていきましょう。
 
ネットビジネスは一定の時期を過ぎれば、ものすごい労働対比効果になりますよ!
 
 
山地直輝
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す