YouTubeで再生回数を増やすために最も重要な3つのこと

 
 
 
どうも、山地です。
 
 
YouTubeで稼いでいくには、とにかく再生回数です。
 
再生回数、再生回数、再生回数!
 
 
というと、勘違いされるんですが、
ブラックな方法ではなく、あくまでもホワイトな方法でです。
 
 
では、この再生回数を増やす為にはどうしたらいいのか?
 
ここについて今回は解説していきます。
 
 
今回、お話しすることをしっかりやれば再生回数上がらないわけがないんで、是非読んで実践してみてくださいね。
 
 

視聴者の動き

 
 
まず、最初に視聴者の動きというものを理解してください。
 
視聴者がどのようにしてYouTube内の動画を見ていくのかということです。
 
 
主な流れはこんな感じです。
 
視聴者の動き

登録しているチャンネルor検索orトップページ

視聴した動画の関連動画のサムネをみる

気になったサムネの動画タイトルをみる

さらに気になったら視聴

 
 
まずは、登録しているチャンネルなどから気になる動画を見て、視聴した動画の関連動画を見ていき気になったサムネの動画タイトルをみる、そしてさらに気になったら視聴と。
 
 
基本的には、この流れで動画を視聴します。
 
 
この流れを見たらどこで視聴者が拾えるのかが分かりますよね。
 
 
それは、サムネイルとタイトルです。
 
まずは、この2つで惹きつけることが重要になってきます。
 
では、どのようにして惹きつけていくのか?
 
 

サムネイル

 
 
まず、サムネイルについてですが、
 
サムネイルの役目は”いかに目を止めさせるか”です。
 
 
ここで視聴者の目を止めて、タイトルを読ませることにつなげなければなりません。
 
 
では、どのようにして視聴者の目を止めるのか。
 
 

とにかく目立たせる

 
とにかく目立たせるということですね。
 
 
ありきたりのサムネイルの中、1つだけ真っピンクのサムネイルとかあったら絶対目立ちますよね。
 
目立てば自然と目に止まります。
 
 
例えば、
 
 
 

インパクトを持たせる

 
画像にインパクトを持たせることも重要です。
 
 
ちょっとグロテスクのものや衝撃的な画像は自然と目にとまり、怖いもの見たさでクリックしたくなります。
 
 
また、これは目立たせるにも繋がりますが、強調させたい文字をとかをデカく入れてみるとかですね。
 
その文字がインパクトのあるキーワードだったらより良いですね。
 
 
例えば、
 
(さすが、HIKAKINさん)
 
 

伸びている動画のサムネイルを参考にする

 
やっぱり、伸びている動画のサムネイルは非常に良いことが多いです。
 
 
なので、丸パクリはダメですがモデリングするといった感じですね。
 
色使いや画像、文字の配置などをモデリングしていくということですね。
 
 
 
 

タイトル

 
 
では、次にタイトルです。
 
タイトルの役割は主に2つあります。
 
1つ目は、検索された時にしっかりと表示される為のいわばYouTube側へのアプローチ。
 
 
2つ目は、視聴者が動画を再生したくなるようなタイトル付け、視聴者へのアプローチ。
 
 
この2つを主にタイトルではやっていきます。
 
 
どのようにやっていくかというと、
 
まず1つ目からいきます。
 
 

キーワードをしっかりと盛り込む

 
キーワードをしっかりと盛り込んで、そのキーワードが検索された時に表示させてもらえるようにします。
 
 
具体的には2〜5個ぐらいのキーワードを盛り込みます。
 
 

メインキーワードは左端に

 
検索エンジンはYouTubeに限らず、左端にあるキーワードから順に重要なキーワードだと認識します。
 
なので、右にいけばいくほどそのキーワードが検索された時表示されにくくなります。
 
 
例えば、「猫」というキーワードを狙っているのなら、
 
「東京の路地で見つけたエサを食べるかわいい猫」とかではなくて、
 
「猫が東京の路地でエサを食べている姿がかわいい!」の方が良いってことです。
 
 
次に、2つ目の視聴者へのアプローチですが、視聴者が動画を見たくなるようなタイトル付けをしていきます。
 
 

答えは出さない

 
タイトルで答えを出さないということです。
 
どいうことかというと、動画内容のオチなどを書かないということです。
 
 
答えが分かれば再生する必要がないので、もちろん再生されません。
 
 
なので、稼げない人がよくやりがちなのがこれです。
 
 
例えば、

 
「ボクシング〇〇選手が△△選手と対戦し3ラウンドで見事KO勝ち!」
 
「ボクシング〇〇選手が△△選手とついに対戦!試合は3ラウンドまで持ち越し…最後にリングに立っていたのは…!!!」

 

 
 
どっちが気になりますか?
 
ということです。
 
 
絶対2つ目の方が気になって見ちゃいますよね。
 
なぜなら、答えがわからないからです。
 
 
なので、タイトルでは答えを出さないようにしましょう。
 
 
 
で、ここまでサムネイルとタイトルができたら、初めて中身を充実させていきます。
 
 
動画サイトだから動画のクオリティがよければ再生させると、勘違いしている人が多いのですが、それはサムネイルとタイトルがしっかりできてからです。
 
 
なぜなら、冒頭の視聴者の動きについてを思い出してください。
 
そうです。
 
 
視聴者はサムネイルを見て、タイトルを読んで動画を視聴するからです。
 
 
いくら動画のクオリティが高くても良くても再生されなきゃ意味がないですからね。
 
 

視聴者維持率

 
 
サムネイルとタイトルができたら、次は中身です。
 
 
で、視聴者維持率というものがあるのですが、これで動画の中身の良し悪しが判断されます。
 
 
視聴者維持率とは視聴者がどれだけの時間あなたの動画を見ているかということです。
 
 
それを数値化したものが視聴者維持率です。
詳しくはコチラを見てください(↓)
 
 
 
 
なぜ、この視聴者維持率で動画の中身の良し悪しが判断されるかというと、
 
YouTubeのやりたいことを考えれば分かります。
 
 
YouTubeはYouTubeにユーザーを1秒でも長くとどめておきたいんですね。
 
広告主から喜ばれてより報酬がもらえるからです。
 
 
なので、視聴者を維持できる動画はYouTubeにとってはとてもありがたいわけです。
 
そんな動画をYouTubeはもちろん優遇します。
 
 
つまり、視聴者維持率が高い動画はYouTubeからの評価が上がるということです。
 
 
評価が上がるとどうなるのかというと、YouTubeが勝手に動画の露出を増やしてくれます。
 
人気動画の関連動画なのに載せてくれます。
 
そうなれば嫌でも再生回数は増えます。
 
 
では、どうやって視聴者維持率をあげるのか?ですが、
 
 

・視覚的に聴覚的に飽きさせない

 
 
人間というのは変化がないものは飽きます。
 
なので、飽きさせない為に視覚的に聴覚的にアプローチしていくということです。
 
 
視覚的には、画像を30秒〜60秒以内に変わるようにしたりして、変化をもたらします。
 
 
聴覚的には、動画にBGMをつけて雰囲気を出します。
 
ただ、BGMをつけるだけでなくしっかり音量調節をして、動画の内容にあったBGMにします。
 
 
こういったことをして、視聴者維持率をあげていきます。
 
 

まとめ

 
 
・サムネイルで惹きつける
・タイトルでさらに興味を沸かせる
・視聴者維持率
 
 
この3つができていれば、サムネで惹きつけてタイトルでさらに惹きつけて動画が再生されて視聴者維持率が上がる、視聴者維持率が上がれば露出が増えてサムネとタイトルが良いのでより再生されるまた視聴者維持率が上がって…
 
 
みたいな好循環が引き起こせるんです。
 
なので、外見良し中身良しの動画を作るということですね。
 
 
この3つさえ出来ていれば勝手に再生回数は増えていくので、しっかり意識して実践していきましょう。
 
 
山地直輝
 
 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



 

 

 

コメントを残す